MonyHorseが1stソロアルバム『TBOA JOURNEY』を本日リリース | SANTAWORLDVIEW、Young Cocoなどが参加

YENTOWNのメンバーでMONYPETZJNKMNとしても活動するMonyHorseが、本日ソロとしての1stアルバム『TBOA JOURNEY』をリリースした。

現在は大阪を拠点にするMonyHorseと親交が深いHIBRID ENTERTAINMENTのサウンド面を支える新鋭プロデューサーの3chが、エグゼクティブ・プロデュースを務める本作。他にYENTOWNよりDJ JAMや U-LEE、HIBRID ENTERTAINMENTの DJ BULLSETがビートを提供している。

客演にはSANTAWORLDVIEW、Young Coco、Fresh Dude Crew からKenayeboiが参加し、これまでのMonyHorseのアーティストイメージをいい意味で裏切るような多彩なヒップホップアルバムが出来上がった。

今後先行シングルとしてリリースとなった"Oinukasu"のミュージックビデオも公開予定だ。MVは、Denzel CurryやLil Skies周辺のMVなども手掛けるCharlie Ehrmanが監修している。

Info

 MonyHorse -『TBOA JOURNEY』
Link core
- Track List -
1.長旅(intro) (prod.3ch)
2.Hallo (prod.3ch)
3.Sky Trip ft.Kenayeboi (prod.3ch)
4.Grind (prod. TIGAONE & DJ BULLSET)
5.2019~ (prod.3ch)
6.Some Pot ft. SANTAWORLDVIEW (prod.3ch)
7.秘密基地 ft. Young Coco (prod.3ch)
8.Oinukasu (prod.3ch)
9.C.R.E.A.M (prod.DJ JAM)
10.Love ft. AWSM. (prod. AWSM.)
11.町旅 (skit) (prod.3ch)
12.City (prod. U-LEE & 100KiloGrams)

 

related

Red Bullのサイファー企画『RASEN』の最新回にHideyoshi、MonyHorse、SEEDAが登場 | ビートはYung Xanseiが制作

Red Bullによるジャパニーズ・ヒップホップ専門のYouTubeチャンネル「レッドブルマイク」で人気サイファー企画『RASEN』の最新回が公開となった。

Maison Kitsunéによる配信イベントにMIYACHIとYoung Cocoなどが出演

Maison Kitsunéによる音楽イベント『Kitsuné Afterwork』が、配信形式で復活する。

Red Bullのサイファー企画『RASEN』の最新回にDeech、guca owl、Leon Fanourakis、Young Cocoが登場 | ビートはZOT on the WAVE

Red Bullによるジャパニーズ・ヒップホップ専門のYouTubeチャンネル「レッドブルマイク」で人気サイファー企画『RASEN』の最新回が、本日4/7(水)に公開された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。