ISSUGIが待望のニューアルバム『GEMZ』を12月にリリース | 5lack、仙人掌、Mr.PUGなどが参加しバンドで制作した楽曲も収録

ソロとしての活動はもちろん、ビートメイカー/DJ名義の16FLIP、MONJU、SICK TEAM、DOWN NORTH CAMPのメンバーとして精力的すぎるほどの活動を行うISSUGI。今年は16FLIP名義でシンガーのGeorgia Anne Muldrowとのコラボ曲をリリースし話題になったが、自身名義としては2013年作『EARR』以来となるオリジナル・アルバム『GEMZ』を12/4(水)にリリースする。

本作はこれまでに何度かライブで披露され大きな話題を呼んでいた様々なミュージシャンとのセッションによる生音も取り入れた作品になっており、そのISSUGIのもとにBUDAMUNK(PADS)、WONKのHIKARU ARATA(DRUM)、KAN INOUE(BASS)、CRO-MAGNONのTAKUMI KANEKO(KEYS)、MELRAW(GUITAR, SAX, FLUTE)、DJ K-FLASH(TURNTABLE)がバンド・メンバーとして集結。

アルバムはRed Bullのサポートのもと、Red Bull Studuioを拠点として制作されており、全て生音なトラックもあればスタジオでのセッションをベースにBUDAMUNKが再構築した楽曲や、16FLIPの手掛けたトラックを演奏し直した楽曲など、これまでのアルバムとは異なるプロセスで制作された1枚に仕上がった。ゲストでは5lack、仙人掌、Mr.PUG、OYG、KOJOE、Devin Morrison、16FLIPが参加している。

また来年1月に開催となる『APPI JAZZYSPORT 2020』にこのメンバーを伴って出演し、同じメンバーでのツアーも開催する。アルバム・リリースに先駆けて、11/20には新曲“ONE RIDDIM”と5lackを迎えたSICK TEAMの“踊狂”のリメイク、さらに両極のインストゥルメンタル・ヴァージョンも収録した12EPを完全限定プレスでリリースする。

Info

<アルバム情報>
アーティスト: ISSUGI (イスギ)
タイトル:  GEMZ(ジェムズ)
レーベル: P-VINE, Inc. / Dogear Records
品番: PCD-25284
発売日: 2019年12月4日(水)
税抜販売価格: 2.500円

Members are…
RAP:ISSUGI / DRUMS:HIKARU ARATA(WONK) / BASS:KAN INOUE(WONK)/ PADS:BUDAMUNK / TURNTABLE:DJ K-FLASH / KEYS:TAKUMI KANEKO(CRO-MAGNON) / SAX, FLUTE, GUITAR:MELRAW

<12EP情報>
アーティスト: ISSUGI (イスギ)
タイトル:  ONE RIDDIM (ワン・リディム)
b/w 踊狂 feat. 5lack
レーベル: P-VINE, Inc. / Dogear Records
品番: P12-6968
発売日: 2019年11月20日(水)
税抜販売価格: 2.200円

related

福岡のビートメイカーDJ GQによるMr.PUGのリミックスシリーズ第二弾がリリース

福岡のビートメイカーDJ GQによる、Mr.PUGの楽曲のリミックスシリーズ第二弾が、9/12(土)にリリースされる。

BES & ISSUGIのアルバム『Purple Ability』からGwop Sullivanがプロデュースした“Welcome 2 PurpleSide”のミュージックビデオが公開

BESとISSUGIによるジョイント作第二弾『Purple Ability』から、Gwop Sullivanがプロデュースした“Welcome 2 PurpleSide”のミュージックビデオが公開となった。

PUNPEEが5lackを迎えた"Wonder Wall"のミュージックビデオを本日プレミア公開

PUNPEEが7月にリリースしたEP『The Sofakingdom』から、実弟の5lackを迎えた"Wonder Wall"のミュージックビデオを、本日8/31(月)の20時にプレミア公開する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。