Kanye Westのお蔵入りとなった作品『Yandhi』の一部がiTunesに着メロとして非公式にアップロード

昨年よりリリースがアナウンスされていたKanye Westの新作『Yandhi』は、今年8月末に妻であるKim Kardashianが自身のTwitter上で発表した新作『Jesus Is King』の登場によってお蔵入りとなった事が予想されていた。しかし、今回その音源の一部が何者かによってiTunesに着メロとしてアップロードされている事が明らかとなった。

この音源は9月初旬から入手可能になっており、「ENZO Label」という不明のアップローダーによるものとされている。Enzo RecordingsとはUKに実在する音楽レーベルであり、今回の件と関連があるのかは明らかになっていない。

また、さらに長いバージョンの『Yandhi』が「YANDHI Mach10」というアーティスト名義でSpotify上でもリークされている。公開されている7曲は合計で20万回もの再生回数を獲得しており、今年初めにPlayboi Cartiの『Kid Cudi/Pissy Pamper』のリークがSpotifyのランキングで1位を獲得した時と同様の方策が取られていると推測されている。この様な第3者である何者かが違法にアップロードする事件は頻発しており、アーティストやレーベル側は頭を悩ませている。

9月27日にリリースされる予定だった『Jesus Is King』は、現在10月2日時点でも未だにリリースはされておらず、ファンは辛抱強くリリースを待つ事が求められている。今作にはお蔵入りとなった『Yandhi』から数曲が変更を加えられた上で組み込まれる事が噂されており、特にTy Dolla $ign、Nicki Minajが参加した楽曲“New Body”には多くの期待が寄せられている。

related

Kanye Westが「『JESUS IS KING』の20%はiPhoneでレコーディングされた」と明かす

先日公開されたGQのカバーストーリーに登場したKanye West。今年の大統領選でトランプ大統領へ投票することを仄かしたことも話題を呼んだが、一方で昨年リリースされたアルバム『JESUS IS KING』のレコーディングについても語っている。

Kanye Westが2020年大統領選について「絶対に投票に行く」と語りトランプ支持をほのめかす

2020年の大統領選を控えているアメリカ。そんな中、かねてよりトランプ大統領への支持を表明してきたことで物議を醸し、また2024年の大統領選には自身も出馬することを計画しているKanye Westが今年の大統領選への自身の考えを明かしている。

Kanye Westが新たなインタビューでA$AP Rockyの釈放に向けて動いた経験とトランプ支持による批判を振り返る

昨年もアルバム『JESUS IS KING』をリリースする一方でトランプ大統領の支持を表明し続け物議を醸していたKanye West。そんな彼の新たなインタビューがWall Street Journalにて公開されている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。