Futureの“Draco”を口ずさんだイリノイ州の高校生が停学処分に

ラップが全米チャートを席巻するようになったとはいえ、過激な言葉も多く含まれるリリックに眉をひそめる人は未だに多く存在する。今回、Futureの楽曲を口ずさんだ高校生が災難な目に遭ってしまったようだ。

Complexによると、イリノイ州のWashington Community High Schoolに通う高校生が下校途中にFutureの“Draco”のフックを口ずさんでいたところ、そこを通りかかった別の女子生徒が恐怖を感じ学校側に報告。その後警察による捜査が行われ、その生徒は6日間の停学処分と課外活動への参加禁止という処分を言い渡されてしまった。

“Draco”とはルーマニアの短く改造されたAK-47のことを指し、同曲のフックは「Draco season with the bookbag」と銃を持ち歩くことを歌ったものである。今回停学となった生徒はフックの“Draco”の部分を誤って“AK”と歌っており、より直接的な言葉となったことで女子生徒を怖がらせることになってしまったようだ。

Heart of Illinoisによると、生徒の父親であるBrandon Porter氏は、「彼は別に“あの人に、どこで、何をする”と言った訳じゃない。ただ歌を歌っていただけです」として学校側に抗議しており、「フェアじゃない」との意向を示している。

なんとも気の毒なニュースであった。

related

Futureが「トラップをポップミュージックに押し上げたのは俺だ」と主張

先週金曜日にニューアルバム『High Off Life』をリリースしたFuture。そんな彼が、トラップミュージックに自身がもたらした功績を自ら主張し話題を呼んでいる。

FutureがJuice WRLDの死について「まだ心を痛めている」と語る

昨年12月に21歳の若さにして命を落としたJuice WRLD。そんな彼とコラボアルバム『WRLD ON DRUGS』をリリースしていたFutureが、インタビューにて彼の死について語っている。

FutureとDrakeのコラボ曲“Life Is Good”のMVが公開

先日よりコラボプロジェクトが予告されていたFutureとDrakeの二人が、コラボ曲“Life is Good”をリリース。同時にMVも公開となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。