AVYSSが1周年を迎え初のパーティーを開催 | M.E.S.H. 、釈迦坊主、TYOSiN、TOXEなどが出演

時代をアップデートする個性のある音楽やシーンの動向を紹介してきたウェブマガジンAVYSSが1周年を迎え、9/28(土)に東京・渋谷WWW / WWWβで初のパーティーを開催する。

今回はベルリンからM.E.S.H.、ストックホルムからTOXEと人気レーベルPANで活躍する両者を招聘。

国内から釈迦坊主、TYOSiN、LSTNGT、リョウコ2000、PHOTON POETRY等を迎え、ハイブリッドに進化を続けるエレクトロニックとヒップホップを開拓する。

Nobuyuki Sakuma (CVN) from AVYSS より-

2018年6月にスタートしたウェブマガジン AVYSS が一周年を迎え、9月28日深夜のWWW / WWWβにて一周年記念パーティーを開催する運びとなりました。今回出演者には AVYSS の記事等で関わっていただいた方々を中心に声をかけさせてもらってます。

Bill Kouligas主宰、ベルリンのエレクトロニック / エクスペリメンタル・レーベル〈PAN〉からTzusingとのスプリットも記憶に新しい M.E.S.H. と、MechatokとのプロジェクトEmirandaをスタートさせた Toxe を招聘。日本のトラップ / ヒップホップからは、Kamiyada率いるLAのコレクティブ〈Midnight Society〉に加入するなど海外シーンとの繋がりがさらに強固になった TYOSiN。主催イベント「TOKIO SHAMAN」を軸に、宇宙と繋がる唯一のラッパーであり、プロデューサー / ミックスエンジニアとしても圧倒的な支持を得る 釈迦坊主。哀しみのレイヴとトランスを剥き出しのエモーションでトラウマも未来も爆発させる LSTNGT。昨年Le Makeupプロデュースで、エレクトロニック + R&Bの未来が詰まった2018年ベストのEP『Femm』をリリース、今日本と世界が最も注目すべきシンガー Dove。ヒップホップと実験音楽と美術を相互的に繋ぐ唯一の存在で、銀杏BOYZ、GOODMOODGOKU、butaji、odd eyesなど多方面で楽曲制作に関わる奇才 荒井優作。トラップとエレクトロニック、今まさにその先端を迷い無く自由に行き来するDJ / プロデューサー / シンガー lIlI。AVYSSを始めてから一番惹き込まれるプレス文だったと記憶している主催イベント「Neoplasia2」を今年5月にLAのHirakishを招いて開催した speedy lee genesis。そのインパクトは今体感すべき、アジアン・エレクトロニック・シーンの神秘 PHOTON POETRY。出演した「FREE RAVE」ではTwitterのトレンド入りを果たし、公開されたガバ・ミックスも話題になったピアノ男とnoripiによる高速変造RAVEユニット リョウコ2000。DJとしてもレーベル / ミックスシリーズ〈JEROME〉にMixを提供するなど活動の幅を広げるヴィジュアルアーティスト Daiki MIyamaがフライヤー / VJを担当。

AVYSSのコンセプトは「時代をアップデートする個性のある音楽やシーンの動向を紹介してユーザーの新しい音楽への欲求を高めていきたい」です。これからも自分たちのやり方で、新しく生まれる音楽を推し進めていきます。

Info

AVYSS 1ST Anniversary
2019/09/28 sat at WWW / WWWβ
OPEN / START 23:30
ADV ¥2,300@RA | DOOR ¥3,000 | U23 ¥2,000

WWW

M.E.S.H. [PAN / Berlin]
釈迦坊主 - LIVE
TYOSiN - LIVE
LSTNGT - LIVE
Dove - LIVE

WWWβ

TOXE [PAN / Stockholm]
リョウコ2000
PHOTON POETRY - LIVE
荒井優作
lIlI
speedy lee genesis

Flyer & VJ: Daiki Miyama

※You must be 20 or over with Photo ID to enter.

AVYSS magazine https://avyss-magazine.com/
Online Shop https://avyss-shop.com/

related

TYOSiNが最新EP『blue blue』をリリース

東京を拠点に活動するアーティストのTYOSiN(トキオシン)が新作EP『blue blue』を、9/11(金)にリリースする。

『AVYSS GAZE vol.3』のスピンオフイベントとして仮想世界でのトークセッションが開催

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の影響により存続の危機にさらされている音楽メディアAVYSSのドネーション企画として開催されている独自のバーチャルプログラム『AVYSS GAZE』。

【イベントレポート】オンラインイベント『NAMES』| 「いつか変わる」その日のために。困難を良き経験と捉える

FNMNLと東京・渋谷のライブハウスWWWによるオンラインイベント『NAMES』が5/30に行われた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。