VIGORMANの1stアルバム『SOLIPSISM』が8月にリリース決定 | BASIや変態紳士クラブなどが参加

ラッパーのWILYWNKA、プロデューサーのGeGとのジャンルレス・ユニット変態紳士クラブのメンバーとしても知られる、新世代のレゲエ・アーティスト、VIGORMAN (ヴィガーマン)が1stアルバム『SOLIPSISM』を、8/30(金)にリリースする。

『SOLIPSISM』=独我論と名付けられた本作はGeGがトータル・プロデューサーを務め、サウンド・プロデューサーに、レゲエ・シーンから774 (from DIGITAL NINJA)、ヒップホップシーンからはKMとBACHLOGICが参加している。客演にはVIGORMANが敬愛するシーンの先輩、RUDEBWOY FACEとPERSIAや変態紳士クラブの同僚でもある盟友WILYWNKAと韻シストのBASIが参加と、ジャンルの境界を超えた豪華アクトがフィーチャー。

エンジニアにはHayabusa、マスタリングは DRAKEやThe Weeknd、NERD、Jojiらの作品を手掛けるChris Athensが担当した。アートワークは人気デザイナーのGUCCIMAZEが手がけた。

リリースに先駆け、8/16(金)よりiTunes / Apple MusicではAlbumのPre-Order / Pre-Addがスタート。アルバムのタイトルにもなっている"SOLIPSISM"(Prod.BACHLOGIC)をiTunes / Apple Musicにて独占先行配信する。合わせて新保拓人がディレクターを務めたミュージックビデオも公開予定だ。

Info

VIGORMAN - 『SOLIPSISM』

01. Killin' It
02. SOLIPSISM
03. 2Face
04. The Verse feat.RUDEBWOY FACE & PERSIA 05. Diamond
06. A Few
07. 大人が言う-Unplugged Remix-
08. 頭悪い天才 Feat.BASI
09. Up 2 Me
10. Vintage from Teenage feat.変態紳士クラブ
11. Slow Down
12. I Remember
13. Last Shit
All Songs Mixed by Hayabusa Mastered by Chris Athens Total Produced by GeG

related

Shin Sakiuraがニューアルバムに向けて始動 | 10月にBASI、11月にKuroをフィーチャーした新曲をリリースへ

プロデューサー/ギタリストとして注目を集めるShin Sakiuraが2021年春にリリース予定の4thアルバムに向けて始動する。

唾奇の名作『道-TAO-』がストリーミング配信解禁 | 新曲"Lycoris Sprengeri -紫狐の剃刀- feat. VIGORMAN & TOCCHI"のミュージックビデオも公開

唾奇のソロ1stアルバムとして2018年にリリースされた『道-TAO-』がリマスタリングされ、本日8/19(水)からストリーミング配信が解禁となった。

リモートで楽曲を制作するプロジェクト『TELE-PLAY』が始動 | 第一弾にはChara、SIRUP、TENDRE、BASIなどが参加

CRCK/LCKS・象眠舎としても活動する小西遼が発案したリモートコラボで新たな音楽制作の形を実現するプロジェクト『TELE-PLAY』が始動した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。