WILYWNKAが2ndアルバム『PAUSE』を9月にリリース | SIRUPやShurkn Pap、VIGORMANなどがゲストで参加

昨年9月にリリースしたアルバム『SACULA』も大きな話題となり、変態紳士クラブとしての活動も精力的に行なっているWILYWNKAが、2ndアルバム『PAUSE』を9/20(金)にリリースすると発表した。

全15曲収録の今作には、大阪の盟友Young Coco、Maisondeとしても活躍する姫路のラッパーShurkn Pap、舐達麻のBADSAIKUSH、変態紳士クラブのVIGORMAN、変幻自在なボーカルスタイルで人気のシンガーソングライターSIRUPや、鋼田テフロン (=BACHLOGIC)が参加している。

プロダクションは前作でもお馴染みのNOAH、変態紳士クラブのGeG、新進気鋭のビートメイカーKMのほか、言わずと知れた天才トラックメイカーBACHLOGICや、KID FRESINO等をプロデュースし自身もラッパーとして活動するJJJが参加する。

マスタリングはKanye Westの『The College Dropout』やA$AP MOBの『COZY TAPES Vol.1』などを手がけるTatsuya Sato (The Mastering Palace NYC)が行なった。

Info

アーティスト:WILYWNKA (ウィリーウォンカ)
タイトル:PAUSE (ポーズ)
発売日:2019年9月20日(金)
形態:CD/ダウンロード/ストリーミング
レーベル:1%
商品番号:1PCT-1004

※初回生産CDには、ここでしか見ることのできない特典映像を収録したエムカードを封入(特典映像は各ミュージックビデオのオフショット映像などを随時追加予定)。

<トラックリスト>
01. Return Of The Rap (Prod. NOAH)
02. PAUSE (Prod. NOAH)
03. Good Morning feat. Young Coco (Prod. YMG)
04. 昼の6時 feat. 鋼田テフロン (Prod. BACHLOGIC)
05. 凌駕 (Prod. BACHLOGIC)
06. CIROC feat. 変態紳士クラブ (Prod. GeG)
07. 2020 (Prod. KM)
08. STAY feat. SIRUP (Prod. GeG)
09. Don't Look Back (Prod. GeG)
10. Why!? feat. Shurkn Pap (Prod. NOAH)
11. Lazy (Prod. MIGHTY MARS)
12. OMW (Prod. JJJ)
13. Represent feat. BADSAIKUSH (Prod. GREEN ASSASSIN DOLLAR)
14. Not So Bad (Prod. GeG)
15. Mayday (Prod. GeG)

related

Ovallがニューシングル“It's all about you feat. SIRUP”をリリース

OvallがSIRUPをフィーチャーしたニューシングル“It's all about you feat. SIRUP”を1月19日(水)にリリースした。

WILYWNKAが新作EP 『NOT FOR RADIO』を今月リリース|KID PENSEUR、BES、REAL-T、kZm、MILES WORD、ISSUGIが参加

2020年末にEP『EAZY EAZY』をリリースし、昨年は変態紳士クラブとしての活動する中ソロとしても“Our Style”がスマッシュヒットするなど話題を欠くことの無かったWILYWNKAが、1月28日(金)に新作ソロEP 『NOT FOR RADIO』をリリースすることが決定した。

【インタビュー】Shurkn Pap & Spikey John |“Road Trip”から"ミハエルシューマッハ"

Shurkn PapとSpikey Johnといえば“Road Trip”のミュージックビデオを思い出す人も多いだろう。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。