16FLIPとGeorgia Anne Muldrowのコラボ曲"Love it though"のティザーが公開

ISSUGIのビートメイカー、DJとしての名義である16FLIPが、Stones ThrowやBrainfeederからのリリースでも知られる女性シンガー/プロデューサーのGeorgia Anne Muldrowをヴォーカルに迎えた新曲"Love it though"のティザーが公開となった。

同曲にはキーボードにはアルバム『Bussin’』をリリースしたばかりのDevin Morrisonも参加、16FLIPによるオリジナル・ヴァージョンに加え、BudaMunkによるリミックス・ヴァージョンと16FLIP制作による2種のインストゥルメンタル・ヴァージョンも加えたシングルとして7/10(水)にリリースされる。

Info

アーティスト: 16FLIP (16フリップ)
タイトル: Love it though feat. Georgia Anne Muldrow
(ラブ・イット・ゾウ・フィーチャリング・ジョージア・アン・マルドロウ)
レーベル: P-VINE / Dogear Records
品番: PCD-4643
ジャンル: R&B / JAPANESE HIPHOP
税抜販売価格: 1050円
発売日: 2019年7月10日(水)

1. Love it though feat. Georgia Anne Muldrow (Original Version)
2. Love it though feat. Georgia Anne Muldrow (BudaMunk Remix)
3. Love it though feat. Georgia Anne Muldrow (Original Instrumental)
4. Love it though feat. Georgia Anne Muldrow (Trastrumental)

RELATED

16FLIPがGeorgia Anne Muldrowをフィーチャーした楽曲を7月にリリース | BudaMunk によるリミックスも収録

ISSUGIの変名としても知られる16FLIPが、Stones ThrowやBrainfeederからのリリースでも知られる女性シンガー、Georgia Anne Muldrowをフィーチャーした楽曲を7月10日にリリースする

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。