KEIJUとIOが参加したDJ CHARIのニューシングル"Come With Me"が本日リリース

トレンドセッターのDJ CHARIが久しぶりのニューシングル"Come With Me"を本日リリースした。このニューシングルには今年EPをリリースしたKEIJUと、Def Jamからのニューアルバムが控えているIOのKANDYTOWN勢が参加。

CHARIらしいキャッチーなトラックで、今夏のフロアを騒がせそうだ。

Info

アーティスト:DJ CHARI
タイトル: Come With Me feat. KEIJU & IO
レーベル: AIR WAVES MUSIC
配信日: 2019年4月25日(木)
販売価格: 250円

配信リンク: https://linkco.re/9VQXqZBm

RELATED

Shurkn Papが1stアルバム『The ME』をリリースへ | MaisonDeをはじめWILYWNKA、Young Coco、KEIJU、IOが参加

姫路のクルーMaisonDeのメンバーとしても活動するShurkn Papが、自身のソロアルバム『The ME』を10/2(水)にリリースする。

PULPでIOがプロダクトデザインの監修を行ったPOP UPが開催

東京・原宿のセレクトショップPULPが、2019-20 A/Wシーズンから、YouthQuakeのメンバーで自身もブランドCar Serviceを主宰する橋本奎をクリエイティブディレクターに迎え、東京のカルチャーシーンを発信するショップとして新たなスタートをきった。

RIRI、KEIJU、小袋成彬のコラボ曲"Summertime"とJOURNAL STANDARDがコラボレーション

RIRI、KEIJU、小袋成彬によるコラボ曲"Summertime"。様々なリミックスなどが展開されているこの楽曲だが、今回新たにJOURNAL STANDARDとのコラボレーションが決定した。 [caption id="attachment_79804" align="alignnone" ...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。