SCARSの名盤『THE ALBUM』 のリイシューが決定

A-THUGを中心とした日本語ラップ・シーン最重要グループ、SCARSが2006年にリリースした傑作ファースト・アルバム『THE ALBUM』のリイシューを6月19日にリリースする。

SCARSは、リーダーであるA-THUGを筆頭にSEEDA、STICKY、BES、bay4k、MANNY、SAC、I-DeAらが名を連ねた日本語ラップ・シーン最重要な伝説的グループだ。また最近では、BLACK EYE PATCHとのコラボレーション等でA-THUG、SEEDA、STICKY、BESを中心にリユニオンを果たしている。

ハスリング・ラップ最高峰のアルバムとしてシーンに大きな衝撃を与え、一躍SCARSやメンバーの名前を広めた屈指の名盤ながら長きに渡って入手困難な状況が続いてたSCARSのリイシューを是非手にしてみてはいかがだろうか。

info

アーティスト: SCARS(スカーズ)
タイトル: The Album(ジ・アルバム)
レーベル: SCARS ENT
品番: SCARS-001
発売日:  2019年6月19日(水)

TRACK LIST:
1. In Dro (Lyrics by "A"THUG, bay4k, BES, SEEDA, STICKY)
2. Showtime For Life (Lyrics by "A"THUG, bay4k, BES, SEEDA)
3. 1 Step,2 Step (Lyrics by BES)
4. YOU ALREADY KNOW (Lyrics by STICKY)
5. Homie Homie Remix feat. SWANKY SWIPE (Lyrics by bay4k, BES, EISHIN, SEEDA)
6. SCARS (Lyrics by "A"THUG, bay4k, BES, SEEDA, STICKY)
7. Bring Da Shit (Lyric by bay4k)
8. ばっくれ (Lyrics by BES, SEEDA, STICKY)
9. あの街この街… feat. GANGSTA TAKA (Lyrics by MANNY, SEEDA, GANGSTA TAKA)
10. Love Life (Lyric by "A"THUG)
11. Junk Music (Lyrics by bay4k, SEEDA, STICKY)
12. 日付変更線 (Lyrics by BES, SEEDA, STICKY)
13. Outraw (Lyrics by "A"THUG, bay4k, SEEDA)

related

SCARSのコーチジャケットが完全限定で発売

復活を果たしたSCARSが新しいマーチャンダイズとして初となるコーチジャケットを完全限定で発売する。

BUDDHA BRANDによるイベントが5月に開催 | SCARS、MONJU、TETRAD THE GANG OF FOUR、漢 a.k.a GAMIなどが出演

D.Lが善逝した2015年5月4日から数えて5年の歳月が経過する今年、『これがブッダブランド!』を昨年リリースしたBUDDHA BRANDによるイベント『Buddha Brand presents Hustler's Convention』が、5/4(月)に東京・恵比寿のLIQUIDROOMで開催さ...

SCARSのオフィシャルパーカーの新色が完全限定で発売

ファーストアルバム『THE ALBUM』、セカンドアルバム『NEXT EPISODE』のリイシューを果たしたSCARSが、Tシャツ、パーカーの発売が好評だったのを受けて、パーカーの新たなカラーが完全限定で発売されることになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。