「NINJA PROJECT」から、極東最端のパフォーマンス集団「B.W.T.」と「D.B.D.」の2組がLeon Fanourakis & Awich、NOTHING TO DECLAREのMasを迎え始動

昨年、日本忍者協議会とエイベックスによる「NINJA PROJECT」が発表され、東京・味の素スタジアムで行われた『a-nation 2018』には、全身を赤もしくは黒で覆った謎の集団が登場し、重力を無視した回転技を次々に披露、オーディエンスを沸かせた。

彼らの正体は、エクストリーム・スポーツとして注目を集めているトリッキングで、アジア人初となる世界チャンピオンに輝いた「Daisuke」をはじめ、世界的プレイヤーを擁する『TOK¥O TRICKING MOB (トーキョー・トリッキング・モブ)』のメンバーたち。同時に発表されたティザー映像には、これまた世界を股にかけて活躍し、日本を代表するパルクール集団である『monsterpk (モンスターピーケー)』の姿もあり、まさに現代版の「NINJA」としか表しようのない人間離れした動きを披露している。

以降、忍者らしく謎多きプロジェクトとして、その全貌は明らかにされて来なかったが、今回、突如発表されたミュージック・ビデオによって、彼らの存在意義の一面が明らかになった。

「NINJA PROJECT」には、それぞれ朱色と漆黒をチームカラーとした「BLOOD WILL TELL (ブラッド・ウィル・テル / 血は争えないの意)」と「DARKEST BEFORE DAWN (ダーケスト・ビフォー・ドーン / 夜明け前の闇が最も深いの意)」の2組が存在。それぞれが異なる理想を掲げ、対立しながらも、音楽とパフォーマンスを通じて、「NINJA」という日本が誇るカルチャーを “世界に発信する” という共通目的を果たしていく。

トリッカーとトレーサー (= パルクールアスリート) に加え、「UNVISION (アンヴィジョン)」を率い「WORLD OF DANCE Final 2016」で日本人として初代世界チャンピオンに輝いた「GENDAI (ゲンダイ)」をはじめ、SNSにアップした自身のダンス動画に、クリス・ブラウンやブルーノ・マーズからリアクションが届くなど、唯一無二の “HIP-HOP” ダンスで注目を集めている「Honoka Moriyama (ホノカ・モリヤマ)」など、世界トップクラス、日本屈指のダンサーたちが集い、2つのチームを形成している。

今後は、各々が作品ごとに異なるフィーチャリング・ヴォーカルを迎えたオリジナル楽曲を発表しながら、さらに多分野のトップ・アスリートやアーティストらを募り、これまでにない伝統と未来を融合させた “NINJA” パフォーマンスを行っていく予定。

第一弾楽曲として、BLOOD WILL TELLが期待の新進気鋭ラッパーLeon FanourakisとAwichをフィーチャリングに迎えた"HOKAGE"。

DARKEST BEFORE DAWNが、東南アジアで高い人気を誇り、日本へ活動拠点を移してからも、シンガポールの最大規模のフェス「BayBeats Festival」へ出演し、国内でもCRYSTAL LAKEやSHADOWSなどのツアー・サポートを務めるなどラウド界で頭角を現わしつつあるNOTHINNG TO DECLAREのヴォーカル:Masを迎え、"BRGHTST BLCK"を発表した。

いずれのトラックも、Diploなどのリミックスを手掛ける一方で、「雅楽トラップ」の第一人者として世界的に高い評価を得ているRadical Hardcore Cliqueがプロデュースを手掛け、オリエンタルでボーダレスなヒップホップとラウドロックを完成させた。

ミッシー・エリオットやジャスティン・ビーバーをfeat.に迎えたwill.i.amのミュージック・ビデオでコレオを手掛けるなど、多くの国内外メジャー・アーティストの作品やCMなどで振付や演出を行って来た「Hidali」のオリジナル・メンバーが、このプロジェクトのために再集結。コンテンポラリーからアニメーションまで、幅広い振付を手がけている。

VimeoでSTAFF PICを獲得し、つい先日行われたアジア・ツアーでも高い評価を得るなど、世界的な映像クリエイション・チーム
「BRDG」が手掛け、Ken-ichi KAWAMURAが制作を担当したコンピューター・グラフィックにも要注目だ。

もともとそれぞれのフィールドで活躍してきた猛者が集ったこのプロジェクト、今後の動きにも大きな期待が集まる。

RELATED

CreativeDrugStoreによる『CREATIVE ROOM Vol.6』にAwichとkZmが出演

CreativeDrugStoreによるイベント『CREATIVE ROOM』は、普段部屋で遊んでる空気の中に先輩や友達を呼んで飲みながら昼から皆んなで遊ぼうというコンセプトのもと2015年から開催してきた。

FAKYがAwichが作詞を手がけた"ANTIDOTE"のミュージックビデオを公開

FAKYがガールズパワーをテーマにしたダンスシングル三部作の第二弾となる"ANTIDOTE"のミュージックビデオを公開した。

B.LEAGUEのカルチャープロジェクトRUN THE FLOOR(R)の第3弾楽曲として"Money Shot feat. Awich & kZm"が完成

日本のプロバスケットボールリーグであるB.LEAGUEを、音楽、ファッション、エンタテインメントの側面からサポートすることを目的に立ち上げられたオフィシャルカルチャープロジェクト『RUN THE FLOOR(R)』から第3弾楽曲として"Money Shot feat. Awich & kZm"が完成。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。