Anderson .Paakの母親が『Oxnard』に対するメディアの批判的な声に激怒

4月には待望のニューアルバム『Ventura』のリリースを発表したAnderson .PaakがEsquireのインタビューに登場。自身3枚目となる新作の制作過程などについて語っている。

Paak曰く、彼のAftermathからのデビュー作である『Oxnard』は多くの面で妥協しなければならなかったそうなのだが、『Ventura』に関してはより良いものになっているとファン達を安心させている。
「Dr.Dreが『Ventura』では俺に沢山の余裕を持たせてくれたんだ。彼は‘それはお前のものだ’って感じだったよ」と『Oxnard』でも共作をしたDr.Dreが今作に関しては自身に多くを委ねてくれたことを明かしている。Paakは続けて「このアルバムの制作や歌詞や客演において俺は羽を伸ばすことが出来た。多くのヒップホップアイコンとともに、非常に野心的に制作しているよ」と語っており、『Oxnard』に比べて、だいぶ自由に『Ventura』の制作にあたることが出来たようだ。

こうPaakが言っているように、『Oxnard』に関してはAnderson .Paakらしくないという批判的な声も多く上がっていたらしく、DJ Boothには“Anderson .Paak's‘Ventura’Album Will Be an Anderson .Paak Album(Anderson .Paakの『Ventura』はAnderson .Paakのアルバムになるだろう)”という記事が掲載されたりもしていた。要するに『Oxnard』はAnderson .Paakのアイデンティティが感じられなかったが、『Ventura』はそれを払拭するものになるだろうということだ。

そんな中、この記事を読んだAnderson .Paakの母親が怒りを見せている。Paakは自身のInstagramのストーリーで母親から送られてきたメッセージをシェア。


メッセージには「『Oxnard』でAnderson .Paakはアイデンティティを失ったと言ってる全てのヘイタ-の皆さんへ。これが私の言うべきことよ。私はPaakが『Oxnard』でアイデンティティを失っているというのには反対だわ。それどころかPaakはアイデンティティを失ってなどいないし、むしろ彼の素晴らしい多様性を見せつけたのよ!ヘイタ-の皆さん、間違いないでしょ!」と自身の息子を擁護するとともに、ヘイタ-達への怒りを示している。

しかし、批判的な意見も多くあったものの、『Oxnard』はそれまでPaakがリリースした作品の中で、最もチャートの上位に位置していたので、批判の声をそこまで気にする必要もないだろう。

いずれにせよ、Paakも自身の母親による力強い擁護に励まされたことだろう。新作にも期待が高まるばかりだ。『Ventura』は4月12日にリリース予定だ。

RELATED

Anderson .PaakがLil Nas Xの“Old Town Road”をカヴァー

今年の上半期、良くも悪くも最も話題を攫ったのは間違いなくLil Nas Xの“Old Town Road”だろう。17週連続で全米シングルチャート1位を獲得するなど、文字通りアメリカ全土を席巻した同曲だが、Young Thugらが参加したヴァージョンなど多くのリミックスがリリースされたのも印象深い。そんな中、Anderson .Paakが“Old Town Road”をカヴァーし、話題となっている。

Flying Lotusの最新作『FLAMAGRA』からAnderson .Paakをフィーチャーした"MORE"が先行リリース

豪華ゲストが集結したこれまでのキャリアの集大成的なアルバム『FLAMAGRA』を5/22(水)に日本先行リリースするFlying Lotus。収録曲から、Anderson .Paakをフィーチャーした"MORE"が先行リリースとなった。

Anderson .Paakが「名声を得たことで必要な努力の方向性が変わった」と語る

今月の半ばにリリースしたアルバム『Oxnard』も話題となったAnderson .PaakがBillboardのインタビューに登場。キャリアを積み名声を得たことによって自身に起こった変化について語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。