Kanye Westのエンジニアが「『Yandhi』は女性をエンパワメントするアルバム」と語る

昨年よりリリースが予告されているKanye Westの最新アルバム『Yandhi』。未だにアルバムの詳細は明らかになっていなかったが、Kanyeのエンジニアが同作について興味深いことを語っていたようだ。

Geniusによると、G.O.O.D. Musicに所属しKanyeのエンジニアを務めるKevin CelikがThe Lunch Tableのインタビュー(現在は削除)にて『Yandhi』がどのようなアルバムになるかを説明したという。Celikは『Yandhi』について「あれは女性をエンパワメントするものになるよ」と語っているそう。同作にはNicki Minaj、Ty Dolla $ignをフィーチャーした“New Body”という楽曲が収録されるそうで、それはKanyeの妻であるKim Kardashianにインスパイアされたものとなっているとのこと。

Kanyeといえば昨年ホワイトハウスでトランプ大統領と面会した際に「ヒラリーの政策には男として共感することが出来ない」など女性蔑視的なニュアンスも含む発言を行なっていたが、何らかの心境の変化があったのだろうか。

『Yandhi』の制作がどのような形で行われているかは不明だが、Kanyeは現在教会で「Sunday Service」というイベントを開催しており、演奏の様子が毎週日曜日にSNSで公開されている。

ここでは“Lift Off”や“Jesus Walks”のような過去曲が演奏されているが、『Yandhi』もこのようにゴスペルライクなトーンのアルバムになるのだろうか。いずれにせよ、我々が同作を聴くことができるのはもう少し先のことになりそうだ。

RELATED

Kanye Westの人物像や音楽性に迫る書籍『カニエ・ウェスト論』が6月に刊行|一部を独占先行公開

Kanye Westのキャリアや作品、人物像に迫る書籍『カニエ・ウェスト論――《マイ・ビューティフル・ダーク・ツイステッド・ファンタジー》から読み解く奇才の肖像』が、DU Booksから6月8日に邦訳・刊行される。

Kim Kardashianが「Kanye Westのベビーシッターをすることにもう疲れた」と発言

2013年に結婚して以来、紆余曲折を経ながらも共に支えあってきたKanye WestとKim Kardashianの夫婦。仲の良さで知られる二人だが今回、Kim KardashianがいよいよKanye Westの周辺で巻き起こるトラブルに疲れた様子を見せている。

Kanye WestがCoachellaに出演しSunday Serviceを行うことが明らかに

今月半ばに2週間連続で開催されるアメリカ最大級の音楽フェスCoachella。以前ヘッドライナーとして予定されていたKanye Westが「会場に巨大なドームを作りたい」と要求したことで降板したことが報じられたが、最終的にCoachellaへの出演が再び決定したことが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。