ZaytovenがNPRの人気企画『Tiny Desk Concert』に登場 │ 当初出演予定だったFutureが会場に現れずインストでのライブに

昨年Futureと共にリリースしたアルバム『Beast Mode 2』が大ヒットを記録したプロデューサーのZaytovenがNPRの人気企画『Tiny Desk Concert』に登場し3曲をパフォーマンスした。フルートをフィーチャーし、Zaytovenのピアノとテクニカルな楽器隊によって彼のトラップビートがバンドセットで再現された見事なライブとなっている。

今回の『Tiny Desk Concert』でプレイされた楽曲はいずれも本来はFutureのラップが載った楽曲だが、全てインストのみのライブが行われている。その理由は、当初出演予定だったFutureが会場に現れなかったことによるという。

NPRの記事によると、撮影の日にFutureが会場に来ず、リハーサルをしながら数時間待った後に「Futureはパフォーマンスしない」という旨のメッセージが届いたとのこと。結果、Zaytovenとバンドのみのライブが行われる運びになったようだ。Futureが来なかった理由は闇の中だが、Zaytovenがライブ中に「この曲はFutureをフィーチャリングしたものなんだよね」と発言すると会場から苦笑が漏れるなど、ライブは和やかな雰囲気で行われている。

インストになったことでよりビート自体の良さを味わうことが出来るZaytovenの『NPR Tiny Desk Concert』。ファンならずとも必見のパフォーマンスだ。

related

Futureが「トラップをポップミュージックに押し上げたのは俺だ」と主張

先週金曜日にニューアルバム『High Off Life』をリリースしたFuture。そんな彼が、トラップミュージックに自身がもたらした功績を自ら主張し話題を呼んでいる。

FutureがJuice WRLDの死について「まだ心を痛めている」と語る

昨年12月に21歳の若さにして命を落としたJuice WRLD。そんな彼とコラボアルバム『WRLD ON DRUGS』をリリースしていたFutureが、インタビューにて彼の死について語っている。

グラミー最優秀レゲエアルバム賞を受賞したKoffeeがNPRの人気企画『Tiny Desk Concert』に登場

昨日開催された2020年グラミー賞授賞式にて、昨年のEP『Rapture』が最優秀レゲエアルバム賞を受賞する快挙を成し遂げた19歳のレゲエアーティストKoffee。そんな彼女が、NPRの人気企画『Tiny Desk Concert』に登場した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。