Kvi Babaが早くもリリースする2nd EP『19』からSALUを迎えた先行シングル"A Bright"をリリース

先週2/22(金)1st EP『Natural Born Pain』をリリースした大阪・茨木出身の1999年生まれのラッパーKvi Baba。そんな彼が、はやくも2nd EP『19』を3/22(金)に発売する。同作からの先行カット曲として、SALUをフィーチャーした新曲"A Bright”がリリースされた。

YouTubeにてMVが1100万回再生するなど、問答無用の日本語ラップ・クラシックとなっているAKLOの"RGTO feat. SALU, 鋼田テフロン & Kダブシャイン"を手掛けたGaius Okamotoがサウンド・プロデュースを担当。新保拓人がディレクターをつとめたMVも近日公開予定だ。

また、iTunesでは本日より2nd EPのプリオーダーもスタートした。1st EP同様に全4曲を収録し、"A Bright”以外の全ての楽曲をBACHLOGICがプロデュース。客演にはKvi Babaがリスペクトしてやまないアーティストである、SALU、Minchanbaby、KLOOZに加え、BACHLOGICが客演としても参加している。ミックス・エンジニアはKOHHの最新作『UNTITLED』にも参加していたHayabusaが全曲のミックスを担当。アートワークは前作に引き続きJun Inagawaが書き下ろしたイラストを使用している。

全曲をKMとタッグを組み、客演無しのシンプルな構成だった前作とは一転、愛と痛みを歌うというKvi Babaの本質はそのままに、今作では多彩なゲストとプロデューサーが参加し、よりアップデートされた作品となっている。

さらに、初のマーチャンダイズとなるJun Inagawaとのコラボアイテムを3月2日(土)12:00よりFortune Farmのオンラインストアと、水戸にあるセレクトショップ『Spyder』にて限定販売する事も決定。


今後さらなる活躍が期待されるKvi Babaから目が離せない。

INFO

アーティスト:Kvi Baba (クヴィ・ババ)
タイトル:19 (ナインティーン)
発売日:2019/03/22(金)
品番:KVB-002
レーベル:Fortune Farm

■TRACKLIST:
01. A Bright feat. SALU ※2/27(水)Apple Music先行配信
02. Stoic feat. Minchanbaby, KLOOZ & BACHLOGIC
03. Cold World
04. Planted in Problem

■配信リンク:
iTunes:
https://goo.gl/6p7Cv6
Apple Music:
https://goo.gl/2NYf7L

マーチャンダイズ” Kvi Baba "Natural Born XXXX" Hoodie”

取り扱い:
Fortune Farm: https://fortunefarm.theshop.jp
Spyder: http://www.spyder-mito.com

 

RELATED

SALUが初のZeppワンマン公演を東京・大阪で開催

SALUが初のZeppワンマン公演となる『SALU THE LIVE 2019→2020 GIFTED』を開催すると発表した。

Spotifyが日本のプロデューサーや作曲家などに焦点を当てたプレイリストシリーズ『Works』が始動 | Chaki ZuluやBACHLOGIC、坂本龍一などが登場

Spotifyで日本を代表する作詞家・作曲家・プロデューサーの作品にフォーカスしたプレイリストシリーズ『Works』が、新たにスタートした。

本日リリースされたKvi Babaの1stアルバムから"Life is Short"のミュージックビデオ

Kvi Babaが本日リリースした1stアルバムから、RADWIMPS、ONE OK ROCK等を手掛ける映像作家、柿本ケンサクが手がけた"Life is Short"のミュージックビデオが公開となった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。