宇多田ヒカルとSkrillexのコラボ曲"Face My Fears"がBillboard Hot 100にランクイン | 宇多田にとっては初の快挙

宇多田ヒカルとSkrillexのコラボによる人気ゲームソフト『KINGDOM HEARTSⅢ』のオープニングテーマソング"Face My Fears"が快挙を達成だ。

世界31カ国のiTunesダンスチャートで1位そして世界14カ国のApple Musicダンスチャートでも1位を獲得した同曲だが、なんと2/2付けのアメリカのBillboard Hot 100(全米シングルチャート)に初登場で98位にランクインとなった。

宇多田ヒカルとしては、いままでUtada名義のアルバム『Exodus』が20041023日付Billboard 200(全米アルバムチャート)160位、アルバム『Fantome』が20161022日付のBillboard World Albums1位を獲得するなどの実績はあるが、チャートを代表するシングルチャートでのランクインは宇多田にとっては初。

なお、過去日本人で、Billboard Hot 100にランクインしたのは坂本九の"SUKIYAKI"(最高位1位)をはじめ、YMOの"Computer Game"(同60位)、ピコ太郎の"PPAP"(同77位)など8例があり、今回の宇多田で9例目に。

"Face My Fears"は先日立ち上がった、特設ページ#HikaruUtada #(Songs)には世界中から本楽曲のカヴァーやRemix動画が連日多数投稿されており、今後もより大きな盛り上がりが期待できそうだ。

Info

●シングルCD ※同日配信もリリース
「Face My Fears」
2019年1月18日(金)発売
通常盤(初回仕様) ESCL 5150
価格 \1,400(税込) \1,296(税抜)
※初回仕様:「キングダム ハーツ」シリーズ ディレクター野村哲也氏描き下ろしピクチャーレーベル、PlayPASS対応

収録曲
1.Face My Fears (Japanese Version) / 宇多田ヒカル & Skrillex (国内版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSⅢ』オープニングテーマ)
2.誓い(国内版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSⅢ』エンディングテーマ)
3.Face My Fears (English Version) / Hikaru Utada & Skrillex (海外版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSⅢ』オープニングテーマ)
4.Don’t Think Twice(海外版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSⅢ』エンディングテーマ)

◆購入はこちらから
https://erj.lnk.to/0JWh_WN

●アナログ
「Face My Fears」(生産限定アナログ盤)
2019年3月6日(水)発売
生産限定アナログ盤 ESJL 3114
※「キングダム ハーツ」シリーズ ディレクター野村哲也氏描き下ろし絵ポスター封入
価格 \2,500(税込) \2,315(税抜)

◆生産限定アナログ盤の予約はこちらから
https://erj.lnk.to/zdxOJWN

related

宇多田ヒカルが新曲“PINK BLOOD”のティザー映像を公開|ティザーアーティスト写真も披露

NHK・Eテレにて4月12日(月)より放送がスタートするアニメ『不滅のあなたへ』(大今良時原作、「週刊少年マガジン」にて連載中)の主題歌としても話題の宇多田ヒカルの新曲“PINK BLOOD”。アニメスタートにあわせ、宇多田ヒカルのオフィシャルYouTubeチャンネルにてティザー映像が公開、同時にティザーアーティスト写真が公開となった。

宇多田ヒカルの"One Last Kiss"が国内外で大ヒット | USのiTunesでも総合2位を獲得

映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の主題歌である宇多田ヒカルの"One Last Kiss"が大きな話題となっている。

宇多田ヒカルの新曲"One Last Kiss"の庵野秀明が手掛けたMVが公開

本日3/8(月)に公開された『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の主題歌である宇多田ヒカルの"One Last Kiss"の庵野秀明が手掛けたミュージックビデオが、明日3/9(火)の0時に公開となる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。