動画共有アプリTikTokでDenzel Curryの“Ultimate”が謎の流行を見せる

先日の来日公演も大成功となったマイアミ出身のラッパーDenzel Curry。スキルフルなラップとダークなトラック、ストイックな姿勢で人気を博す彼の代表曲といえば“Ultimate”だろう。2015年にリリースされて以来、この曲がクラブでかかるとモッシュが発生する様を目にしたことがある人も多いはずだ。そんな“Ultimate”が、現在思いもよらぬ方面で再流行していることをご存知だろうか?

若者を中心に流行している動画共有アプリTikTokに“Ultimate”を使用した動画の投稿が増えている。TikTokは短い動画クリップを共有するプラットフォームであり、動画に使用するBGMをアプリ内で選択することが出来る。ここに“Ultimate”が追加され使用が可能になったため、そのような動画が増加しているようだ。流行は全世界のTikTokユーザーに広がっているようで、スポーツなどのプレイを見せるものから単に若者がはしゃぐだけのもの、時には「お菓子作り」のような一見全くマッチしなさそうな動画にも“Ultimate”は使用されている。もちろん中にはDenzel Curryのことを知らずに使用しているユーザーも多くいるだろうが、そんな彼らさえも惹き付けるのが“Ultimate”がアンセムたる所以とも言える。

“Ultimate”がミームとなった経緯を検証することは困難だが、日本でバズを起こした最初の“Ultimate”動画として確認できるのはこちら。

このような動画がTwitterでバズったこと、TikTok内のプリセットとして利用出来るようになったこと、そして単に楽曲のいかついバイブスが面白がられたことが日本での流行の原因として考えられる。

ちなみに、“Ultimate”が使われる動画は「何か凄いことを成し遂げる」というテーマのものが多い。理由は一切不明だが、「イントロの部分で何らかの前振りをし、Denzel Curryがラップを始める辺りで何らかを達成、その後カメラ目線でハンドサインをしてドヤ顔」という流れがなぜか出来上がっている(TikTokに投稿できる動画の長さは15秒間のため“Ultimate”はイントロからラップの冒頭までが使用される)。

イントロ部分にはプロデューサーであるRonny Jのタグも含まれているが、これを機にRonny Jの名前が日本でも広まれば何よりだ。

以前よりDenzel Curryのファンであった人は複雑な感情を抱きそうなTikTokでの“Ultimate”ブームだが、これをきっかけにDenzel Curryやフロリダのラップシーンを知る人が増えるのであればそれはそれで良いのかもしれない。

related

TikTokで活動する10代のインフルエンサーがAshantiの“Foolish”を自身の曲として発表し炎上

10代を中心に広く親しまれ、今や音楽シーンにとっても無視できないプラットフォームとなったTikTok。ビデオに使用された楽曲がバイラルヒットし、またTikTok発のインフルエンサーやセレブも多く現れている中、10代のTikTokスターがとある騒動を巻き起こしたようだ。

アメリカ政府がTikTokの使用禁止を検討へ

香港でこれまでの一国二制度を脅かすと言われている国家安全法が可決されたことを受け、アメリカでは中国に対する安全保障上の懸念が高まっている。

Monte BookerとSminoによる2015年の楽曲“Kolors”がTikTok上で突如バイラルヒット

Lil Nas Xの”Old Town Road“やRoddy Ricchの“The Box”などを例に挙げるまでもなく、TikTokをきっかけに楽曲がバイラルヒットしチャート上位を上げることはもはや当たり前の事となりつつある。中には最新の楽曲だけでなく過去の楽曲が再発見され流行を見せることもあるが、今回、シカゴのプロデューサーMonte BookerとSminoによる2015年の楽曲“Kolors”がTikTokでバイラルヒットしている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。