イ・ランと柴田聡子によるコラボミニアルバム『ランナウェイ』がリリースへ

2016年11月に日本の7都市をめぐったイ・ ランと柴田聡子による『ランナウェイ・ツアー』。大盛況となったツアーの1ヶ月後にイ・ランが密かに来日、ふたりでレコーディングを敢行したコラボレーション音源がようやく完成した。

本作にはツアー時のハイライトだった共作曲"Run Away"はもちろん、ふたりのハーモニーがらせん状に空高く舞い上がるリリカルな新曲や、ツアーとお互いを名残惜しむような"バカ 漏斗"、さらに道中に食べたあれこれを掛け合ったユーモラスな"おなかいっぱ~いです"までを収録。涙あり笑いありの旅のお土産としてだけでなく、音楽家としてのふたりの相性の良さ、国境を超えた言語感覚の親和性と化学反応を楽しめる作品となった。

またツアーに帯同したイ・ヘジも参加、ブックレットには、イ・ラン、柴田聡子両名が綴ったエッセイを日韓バイリンガルで掲載、同じ体験=ツアーを通り抜けたふたりそれぞれの豊かな感性と視点の差を感じることもできる。初回完全限定盤となる本作は2/7(木)にリリースされる。

Info

アーティスト:イ・ランと柴田聡子
タイトル:ランナウェイ
カタログ番号:SDCD-041
発売日:2019年2月7日
収録曲数:6曲
パッケージ:ジュエルケース/ブックレット(16ページ)/レンチキュラー・カード
ゲスト:イ・ヘジ
エッセイ:イ・ラン/柴田聡子(日本語/韓国語併記)
デザイン:惣田紗希
録音/ミックス/マスタリング:福岡功訓(Fly-sound)
定価:1,600円+税
初回限定生産品

http://www.sweetdreamspress.com/2018/12/blog-post.html

RELATED

折坂悠太、イ・ランの2人による韓国で撮影されたカヴァーセッション映像が公開|イ・ランもゲスト出演する折坂悠太の弾き語りツアーも今週よりスタート

昨年10月に発表した『平成』が大きな話題を呼んだシンガーソングライター折坂悠太が今回、日本でも人気を集める韓国のシンガーソングライター、イ・ランと共に韓国で撮影したカヴァーセッション映像『調律』を公開した。

スカートの自主企画イベント『Town Feeling』がスタート|初回には柴田聡子 inFIRE、どついたるねんが登場

スカートによる新たな自主企画『Town Feeling』が12/18(水)に東京の新代田FEVERで開催される。

折坂悠太が青葉市子、イ・ラン、butajiを招いた弾き語りワンマンツアー『折坂悠太のツーと言えばカー2019』を今秋開催

ワンマンライブも即日完売し、ドラマ主題歌への大抜擢と注目を集めている折坂悠太による、表現の原点と言える弾き語りツアーが今秋開催されることになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。