大注目のVaVaが2月に2ndアルバム『VVORLD』をリリース | OMSB、tofubeats、KID FRESINO、okadadaなどを迎えたリリースパーティも開催

VaVaは2018年元旦に発表した"Call"をきっかけに、今まで以上に精力的な楽曲制作に取り組んできた。その成果として8月に『Virtual』、10月には『Idiot』、そして12月には『Universe』の3作のEPをリリースし、大きな話題を呼んだ。

tofubeatsやBIM、OMSB、角舘健悟などが参加した最新作『Universe』の興奮も冷めやらぬ中、2/20(水)に3作のEPからセレクトした数曲と、多数の新曲を収録したVaVaの2ndソロアルバム『VVORLD』が、CDやデジタルプラットフォームでリリースされることになった。なおCD版はアルバム全曲のインストが収録されたCD『Instrumental VVORLD』との2枚組仕様となる。アルバムのトラックリストなどは後日発表される。

またリリース直後の2/23(土)には代官山UNITでCreativeDrugStoreやOMSBなど、SUMMITのアーティストに加え、tofubeats、KID FRESINO、okadada、shakke-n-wardaaなどVaVaがこれまで音楽を通して交流してきた様々なアーティストの出演を予定している。

イベントの前売りチケットは1/8(火)の午前10時から一般発売が開始される。

Info

2019年2月20日(水)
アーティスト:VaVa(ヴァヴァ)
タイトル:VVORLD(ワールド)
フォーマット:2枚組CD/DL/Streaming
品番:SMMT-107
価格:¥2,500(+tax)
レーベル:SUMMIT, Inc.
*トラックリストは後日公開予定

______
●イベント情報:

日時:2019年2月23日(土)0:00〜@代官山UNIT
チケット情報:前売 ¥2,800

Release LIVE:
VaVa

Guest LIVE:
OMSB

DJ:
tofubeats
KID FRESINO
okadada
shakke-n-wardaa

UNICE:
CreativeDrugStore
____

●チケット情報:
1/8(火) AM 10:00発売開始
Pコード:139-426
Lコード:71794
e+

related

Aru-2とKID FRESINOの『Backward Decision For Kid Fresino』から"Keep Rollin'"の7インチがリリース|B面にはレア音源"Can't Wait For War"が収録

NF Zesshoとのジョイントアルバム『AKIRA』やソロでのフルアルバム『Little Heaven』など多くの作品をリリースするビートメイカーAru-2がKID FRESINOとのジョイントで2014年にリリースした傑作『Backward Decision For Kid Fresino』から、ミュージックビデオも制作され高い人気を誇る"Keep Rollin'"が7インチとしてリリースされる。

CHAIとVaVaが初となる2マンライブをWWW & WWW Xアニバーサリー公演にて開催

類い稀な存在感で世界中のリスナーに衝撃を与え、名だたるアーティストともコラボレーションし躍進を続ける「NEO – ニュー・エキサイト・オンナバンド」CHAIと、飾らないキャラクターとリリックで支持を集め、自身の楽曲プロデュースのみならずアニメの劇伴やeスポーツのテーマソングを制作するなど精力的な活動を行うラッパー/プロデューサーのVaVaによる初の2マンライブがWWW & WWW Xアニバーサリー公演にて11月17日(水)に開催される。

tofubeatsが新曲“CITY2CITY”をリリース|杉山峻輔によるMVも公開

6月にシングル“SMILE”を発表したばかりのtofubeatsが、新曲“CITY2CITY”を本日8月27日にリリース。同時に、ミュージックビデオがYouTubeで公開となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。