Mariah Careyの“All I Want for Christmas Is You”がSpotifyの1日の最高再生回数記録を更新

Mariah Careyの“All I Want for Christmas Is You”といえば最も有名なクリスマスソングの1つであり、今年のクリスマスでも耳にした人は多いのではないだろうか。

20年前の楽曲ながらも未だに多くの人に聴かれ続ける名曲が、今年新たな記録を打ち立てた。Spotifyにおける1日の最高再生記録を更新したのだ。

ウェブサイトChart Dataによると“All I Want for Christmas Is You”はSpotifyにて、今年のクリスマスイヴ12月24日のみで約1080万回の再生を記録し、これまでの記録を塗り替えたそう。


ちなみにMariahに記録を塗り替えられるまでこの記録を保持していたのはXXXTentacionの“SAD!”で今年の6月19日、彼が銃撃に遭い亡くなった日に約1040万回を記録していたとのこと。

Mariahはこれを受け、自身のTwiiterにてこのようにリアクション。


「待って...なんてこと!?」と驚きを隠さずにはいられない様子。

先述したように“All I Want for Christmas Is You”は今から20年前の1994年にリリースされた楽曲であり、その人気は今もとどまることを知らない。彼女は昨年のBillboardのインタビューにて「おかしいことなんだけど、毎年人気が上がってきてるのよ」と語っており、彼女自身も不思議に思っているようだ。

いずれにせよ、リリースされて20年経った今でも聴かれているというのは素晴らしいことであり、全てのアーティストが出来るわけではない。これからも“All I Want for Christmas Is You”は聴き続けられていくだろう。

related

【特集】Mariah Carey 『Caution』| 常に最先端のサウンドを求め続けるディーヴァの歴史

世界を震撼させる稀代のディーヴァであるMariah Carey。1990年にアルバム『Vision of Love』を発表してから28年間(!)にわたってその衰えぬ歌声で我々に刺激的なヴァイブスを与え続けてくれている。デビュー当時、日本でも「7オクターブの歌姫」とキャッチフレーズがつき、そのハイトーン・ヴォイスを活かした"Emotions"やBoyz II Menとの特大ヒット曲"One Sweet Day"と言ったポップ・ヒットを数多く放ってきた。

Mariah Careyが4年ぶりのアルバム『Caution』を本日リリース | 日本盤にはKOHHが参加

女性アーティストとして世界最高のトータル・セールス2億枚を誇るMariah Careyが、4年ぶりのニューアルバム『Caution』を本日リリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。