Skrillexが自身のダイブで負傷した女性に訴えられ約1億8千万円の賠償命令が下る

言わずと知れたDJ/プロデューサーのSkrillexが現在、裁判所から多額の賠償金の支払いを命じられている。

TMZによると、問題となっているのはSkrillexが2014年に行なったコンサート。LAのショーでDJブースから飛び降りるダイブを行なったSkrillexは、Jennifer Fraisslという女性に激突してしまった。Fraisslはその後脳卒中を発症し、Skrillexのダイブが原因だとして彼を訴訟。裁判の結果Skrillex側には450万ドル(約5億円)の賠償が命じられ、その内の15%である160万ドル(約1億8千万円)をSkrillex本人が支払わなければならなくなったという。

FraisslによればSkrillexは問題のショーの最中、観客に前に出てくることを求め、そのせいで身動きが取れなくなった彼女にダイブしてきたSkrillexが直撃したとのこと。Skrillexはこの件に対して「僕のファンの安全よりも大事なことはない。音楽を楽しんで」とコメントを発表している。

時にはライブやDJの際にバイブスが上がりすぎてダイブが行われることもあるが、何より安全を考えて行動したいものだ。

RELATED

Future、Skrillex、Major Lazer、Jay Park、Peggy Gou、RL GrimeなどがEDC JAPAN 2019の第1弾ラインナップとして発表

5/11(土)と5/12(日)の2日間に千葉県・幕張にて開催となるダンスミュージックフェスティバル『EDC JAPAN 2019』の第1弾出演アーティストが発表となった。

宇多田ヒカルとSkrillexのコラボ曲"Face My Fears"がストリーミングサービスで1000万回再生を突破

先月リリースされた宇多田ヒカルとSkrillexのコラボ曲"Face My Fears"が、リリースから2週間でApple Music、Spotifyなどのサブスクリプションサービスでの再生回数が1000万回を突破した。

宇多田ヒカルとSkrillexのコラボ曲"Face My Fears"がBillboard Hot 100にランクイン | 宇多田にとっては初の快挙

宇多田ヒカルとSkrillexのコラボによる人気ゲームソフト『KINGDOM HEARTSⅢ』のオープニングテーマソング"Face My Fears"が快挙を達成だ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。