Kanye Westが警察によって射殺された警備員の遺族を支援

警察官によって射殺されたシカゴの警備員Jamel Robersonの遺族をKanye Westが支援したことが明らかになった。

先日11月11日、Jamel Robersonは泥酔し銃を持った男を取り押さえたところを警察官によって射殺されるという悲劇的な事件によって命を落とした。TMZが報じるところによると、彼の遺族の負担を緩和するための寄付がGoFundMeにて呼びかけられていたが、なんとRobersonの事件を知ったKanye Westが15万ドル(約1700万円)の寄付を行ったのだという。当初呼びかけられていた寄付のゴール金額は1万ドル(約110万円)だったため、Kanyeが寄付した金額の大きさが分かる。

Robersonはシカゴのバーを警備していた際に泥酔しマナーを守らなかった客たちを退出させたところ、その内の一人が銃を発砲させたため取り押さえて警察を呼んだ。やがて警察が到着したが、取り押さえているRobersonを見て勘違いした警察官が彼に発砲、命を落としてしまった。地元シカゴで起こった悲惨な事件に、Kanyeも思うところがあったのだろう。

Kanyeは10月にもChance The Rapperが支持を表明していることで知られるシカゴ市長候補Amara Enyinaへ73500ドル(約800万円)の寄付を行なっている。どれだけ問題発言や奇行を重ねても地元シカゴにコミットし続けるところがKanyeらしさと言うべきなのだろうか。

RELATED

Kanye Westの教会を建てるアイデアにKim Kardashianも協力的なことが明らかに

先日、Kanye Westが自身の教会を設立することを計画しているとの報道があった。Coachellaでのパフォーマンスも話題となった「Sunday Service」など宗教的な面を近頃は多く見せているものの首をかしげざるを得ないこのアイデアだが、Kanyeだけでなく彼の妻であるKim Kardashianも教会設立に前向きであるようだ。

Kanye Westが自身の教会を設立か?

Coachellaでの圧巻のライブパフォーマンスが記憶にも新しいKanye Westだが、そんな彼が自身の教会を設立するのではないかと、今週発売されたPeople誌にて伝えられている。

Kanye WestがCoachellaの「Sunday Service」セットで新曲“Water”を披露

アメリカで現在開催されているCoachella 2019。その中で今日行われたKanye Westの「Sunday Service」セットでのライブが大きな話題を呼んでいる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。