NIKEのAir Force1を称えるバトル型イベント『BATTLE FORCE』の開催が決定 | 参加ラッパーも募集中

NIKEの名作スニーカーAir Force1を称える、バトル型イベント『BATTLE FORCE』が、11/23(金)に東京タワー内のスターライズタワーで開催される。

このイベントではバスケットボール(3×3)、ダンス、ラップの3種類のバトルを展開、それぞれWeb上で予選を行い、勝ち抜いたファイナリストたちがイベントに出場可能で、勝者はUSバスケットボールを体感することができるアメリカツアーのチケットを手にいれることができる。

ラップバトルは通常のバトルとは違う「リリックバトル」形式を採用。決められたワードを使いリリックをクリエイトし、パフォーマンスを披露。最もクリエイティブなリリックを作ったラッパーが勝者になる。

ジャッジはHUNGER (GAGLE)、COMA-CHIが務めるこのバトルのエントリー方法はこちら。エントリーは11/11(日)までとなっている。

Info

1)https://nike.jp/battle-force/ へアクセス
2)課題曲から1曲を選び、テーマワードである「バスケットボール」という単語を必ず入れて16小節のリリックを制作。
3)パフォーマンスをスマホなどの動画で撮影。
4)https://nike.jp/battle-force/ へ再度アクセスし、エントリーボタンをクリック、動画をアップロード。

投票の結果、上位8名のラッパーは11月23日スターライズタワー ( 東京都港区芝公園4-4-7 )で行われるイベント「BATTLE FORCE」本戦でパフォーマンスを披露。
ジャッジとオーディエンスが勝敗を決める。

応募期間
10月24日(水)〜11月11日(日)23:59

ラッパーへの投票方法は下記の通り
投票期間は11月13日(火)〜11月15日(木)23:59
誰でも上記Webから投票可能です。
あなたの一票が勝敗を決めます!

観覧方法は下記の通り
モバイル専用特設ページ https://nike.jp/battle-force/ をご覧ください。

related

NIKEがバーチャルとリアルで様々なアクティビティやコンテンツを展開していくプラットフォームNIKE TOKYO LIVEをスタート

Nikeがスポーツの新しい発見や楽しみ方を促すナイキの最新グローバルキャンペーン「Play New」の一環として、スポーツの力を信じるすべての人が集まりつくられるプラットフォームNIKE TOKYO LIVEを始動した。

UNDEFEATEDよりNIKE DUNKとAIR FORCE 1のコラボレーションシューズ第2弾が発売

UNDEFEATEDから、これまでに様々なコラボレーションを展開してきたNIKE と、2021年6月に発売した「DUNK vs AF 1」と名付けられたシリーズの第2弾で、過去にリリースされた DUNK と AIR FORCE1のカラーウェイを新たに落とし込んだ 2足のシューズが 8月7日(土)に発売となる。

NIKE SBがParraデザインによるフェデレーションキットを発表

NIKE SBがアメリカ、フランス、ブラジルに続き、日本のスケートボードのフェデレーションキットを発売する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。