下半期の大注目作KID FRESINOのアルバム『ài qíng』の詳細が発表

KID FRESINOが、11/21(水)にリリースする3年振りのフルアルバム『ài qíng』のジャケット写真とトラックリストが公開となった。

音楽だけでなくファッションシーンなどからも注目される、KID FRESINOが三浦淳悟(bass / ペトロールズ)、 佐藤優介 (keyboard)、斎藤拓郎(guitar / Yasei Collective)、石若駿(drum)、小林うてな(steelpan, Chorus / Black Boboi)によるバンド編成や、BACHLOGIC、Seiho、ケンモチヒデフミ、VaVa、Aru-2などバラエティに富んだ才能豊かなプロデューサーたちと作り上げた今作。ゲスト陣も実力派が勢ぞろいし下半期最大級の話題作といえるだろう。

JJJ、C.O.S.A.、Campanella、5lack、ISSUGI、鎮座DOPENESS、ゆるふわギャングのNENEとRyugo Ishidaが配されたトラックリストが本日公開、同時にデザイナー山田悠太朗が手がけFRESINO本人がディレクションを行ったジャケットも解禁された。

illicit tsuboi、D.O.I.など多数のエンジニアにミックスを依頼、マスタリングはUKメトロポリス・スタジオのスチュワート・ホークスが担当している。

Info

KID FRESINO『ài qíng』
2018.11.21 On Sale
DDCB-12103 / 2,700yen+tax
Released by Dogear Records / AWDR/LR2

[TRACKLIST]
1. Coincidence
2. Cherry pie for  ài qíng
3. Arcades ft. NENE
4. Ryugo Ishida interlude
5. Winston ft. 鎮座DOPENESS
6. CNW
7. Fool me twice ft. 5lack
8. Attention ft. Campanella
9. not nightmare ft. ISSUGI
10. Aru-2 interlude
11.  Nothing is still ft. C.O.S.A.
12. Way too nice ft. JJJ
13. Retarded

 

related

カネコアヤノとKID FRESINOがバンドセットでの2マンライブを開催

10/11(月)にUSEN STUDIO COASTにて、カネコアヤノとKID FRESINOが2マンライブを開催する。

STUTSがバンド&ゲストと共に作り上げる単独公演がSTUDIO COASTで開催 | KID FRESINO、JJJ、NENE、PUNPEEも出演

今年は『大豆田とわ子と三人の元夫』の主題歌"Presence"が大きな話題となったSTUTSが、『“90 Degrees” LIVE at USEN STUDIO COAST』を10/27に開催する。

CampanellaがKID FRESINOをフィーチャーした新曲"Puedo"をリリース | プロデュースはRamza

名古屋を代表するラッパーCampanellaが、新曲"Puedo"を本日7/21(水)にリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。