トラットリア・レーベルの25周年記念作品第2弾はWACK WACK RHYTHM BANDが登場

ムッシュかまやつの歴史的名盤『Gauloise(ゴロワーズ)』再発に続くトラットリア・レーベルの本格的活動開始25周年記念第2弾リリースは、結成26周年を迎えたWACK WACK RHYTHM BANDが登場。

Brand New HeaviesやAcidjazzレーベル創始者のエディ・ピラーとの邂逅をへてmo' musicからデビューしたWACK WACK RHYTHM BAND。今回は1stアルバム『WEEKEND JACK』に、初デジタル化となるカセット音源や、98年W杯の為に作られたトラットリアのコンピレーション『ベンド・イット!ジャパン '98』収録の"Gimme Gimme Captain Wings"、新曲"Easy Riding"を収録したレアなボーナスディスク付き。

Info

・アーティスト名:WACK WACK RHYTHM BAND
・タイトル:WEEKEND JACK (+1disc)
・レーベル名:ブリッジ
・品番:BRIDGE-261/2
・JANコード:4582237840902
・商品フォーマット:2CD
・発売日:2018/11/21
・税抜価格:2500円

・トラックリスト:
[DISC1]
1. THE COCK-A-DOO-DLE-DOO
2. HIT AND RUN
3. KARATE
4. OTOKOTACHI NO MELODY
5. WEEKEND
6. ONE DAY TRAVEL
7. NOTHING FROM NOTHING
8. O-hide, Ole-Ola
9. DOGMATIC MAN
10. EVERYTHING IS MO'BEAUTIFUL
11. THE BURNING MONOCYCLE

オリジナル・リリース:1998年 ポリスター・TRATTORIA MENU.151[PSCR-5662]

[DISC2]
1. THE SPINNING GEAR
2. EVERYTHING IS BEAUTIFUL
3. YOU'RE STARTING TOO FAST
4. KNUCKLEHEAD
5. I WOULDN'T CHANGE A THING
6. CHOCOLATE BUTTERMILK
7. NEVER LEARNED TO DANCE
8. SOULFUL STRUT (For Yoyogi Friendship Project's Request)
9. GIMME GIMME CAPTAIN WINGS
10. EASY RIDING [BONUS TRACK]

1. 2. from 『TOKYO SESSION』(MENU.36[PSCR-5095]1994年)
3. from V.A.『MENU200』(MENU.200[PSCR-5848-5849]2000年)
4. 5. 6. 7. 8. from『LIVE AT YOYOGI-PARK (CASSETTE)』(MENU.87[PSTR-5459]1996年)
9. from 『Bend It! Japan 98』(MENU.159[PSCR-5689]1998年)

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。