Mura Masaが初の日本ツアーを東京・大阪で12月に開催

UKを拠点にする若手プロデューサーで、ヒップホップ・R&Bからエレクトロニックミュージックまでをブレンドしたエクレクティックなサウンドで高い人気を得ているMura Masaが、12月に東京と大阪で初の日本ツアーを開催する。

Mura Masaは昨年リリースしたデビューアルバムにはA$AP Rockyなど錚々たるゲストが参加、今年1月の初の単独来日公演は即日完売となった。

その勢いのままにロンドンの話題のラッパーOctavianをフィーチャーしたアフロテイストの入ったニューシングル"Move Me"がヒット中の彼が、12/4(火)に大阪・BIG CATで翌12/5(水)に東京・六本木のEX Theaterで初の日本ツアーを開催する。

チケットは8/28(火)12:00からチケットぴあで、最速先行チケットが発売となる。

Info

MURA MASA

大阪 12/4 (tue) BIG CAT
open 18:30/ start 19:30 ¥6,500(前売:1ドリンク別) #06-6535-5569(SMASH WEST)
東京 12/5(wed) EX THEATER ROPPONGI
“EX THEATER ROPPONGI 5th Anniversary” open 18:00/ start 19:00
¥6,500(前売/アリーナ:スタンディング, スタンド&バルコニー:指定席 1 ドリンク別) #03-3444-6751(SMASH)
8/28(火)12:00 ~ 9/3(月)23:59 【URL】http://w.pia.jp/t/mura-masa/
9/15(土)~PG にて発売開始
大阪公演: ぴあ(P: 127-070) / e+(Pre:9/4 12:00-9/6 23:59)/ローソン(L:56942) / iFLYER 東京公演: ぴあ(P: 127-207) / e+ Pre:9/4 12:00-9/13 21:00)/ローソン(L: 75625) / iFLYER
“Japan Tour 2018”
チケット発売
チケットぴあ最速先行
8/28(火)12:00 ~ 9/3(月)23:59 【URL】http://w.pia.jp/t/mura-masa/
一般発売
9/15(土)~PG にて発売開始
大阪公演: ぴあ(P: 127-070) / e+(Pre:9/4 12:00-9/6 23:59)/ローソン(L:56942) / iFLYER 東京公演: ぴあ(P: 127-207) / e+ Pre:9/4 12:00-9/13 21:00)/ローソン(L: 75625) / iFLYER

クレジット
主催:LIVE NATION JAPAN/SMASH
お問い合わせ:
SMASH : 03-3444-6751 smash-jpn.com smash-mobile.com LIVE NATION JAPAN: www.livenation.co.jp info@livenation.co.jp

related

Tohjiの"Oreo"をMura Masaがリミックス

ヒップホップシーンを飛び越えた神出鬼没の活動で今年も話題となったTohjiの最新シングル"Oreo"を、同世代を代表するUKのプロデューサーMura Masaがリミックスした。

『FUJI ROCK FESTIVAL '20』にTame Impala、Mura Masa、FKA Twigs、Disclosure、Major Lazerなどの出演が決定

今年は例年通りの7月ではなく、8/21(金)から8/23(日)に開催される『FUJI ROCK FESTIVAL』の第一弾出演者が発表となった。

Mura MasaのジャパンツアーのサポートアクトにTohjiが決定

今月東京・大阪で日本ツアーを開催するMura Masa。slowthaiとのニューシングル"Deal Wiv It"も話題の彼のツアーのサポートアクトとしてTohjiが出演することが決定した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。