Sweet Williamと青葉市子によるコラボチューン"からかひ"がリリース決定

唾奇との共作などで高い評価を受けているビートメイカーのSweet Williamと、坂本龍一や細野晴臣とのコラボから、マヒトゥ・ザ・ピーポーとのユニットNUUAMMでの活動で知られる青葉市子によるコラボチューン"からかひ"が来週8/13(月)にリリースとなる。

"からかひ"はSweet Williamによるメロウで暑気をクールダウンするようなムードもまとったビートに、青葉による透き通るボーカルと、どこか神秘的なリリックが魅力的な楽曲だ。

リリースを前にティザームービーも公開されている。

Info

03.jkt

2018-08-13
アーティスト名:Sweet William と 青葉市子
リリースタイトル:からかひ

RELATED

唾奇×Sweet Williamによるアルバム『Jasmine』のインスト盤がリリース

2017年に沖縄出身のラッパー唾奇とビートメーカー・プロデューサーのSweet Williamのダブルネームでリリースされたアルバム『Jasmine』。今回、同作のSweet Williamによるビートのみを収録した作品『Jasmin Instrumentals』が2年の時を経て本日リリースされた。

Sweet William & JinmenusagiのアルバムからJin Doggを迎えた"opium"のミュージックビデオ

Sweet William & Jinmenusagiが昨年リリースしたコラボ作『la blanka』から、Jin Doggをゲストに迎えた"opium"のミュージックビデオが公開された。

WWWで「カジュアルに行けるコンサート」をテーマにしたイベントシリーズがスタート | 初回は青葉市子と原 摩利彦の2マン

東京・渋谷のWWWで、新しいイベントシリーズ『any time any one』がスタート。このシリーズはフォーマルな印象のあるコンサートをライブハウスで「カジュアルに行けるコンサート」をテーマに開催。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。