PharrellがFrank Oceanの芸術性を語る

Frank Oceanのアルバム『Channel Orange』のリリース6周年を記念し、同作に楽曲を提供しているPharrellが彼の軌跡についてAppleのBeats 1の番組で語った。

『Channel Orange』に収録されている、"Sweet Life"に楽曲を提供したPharrell。このコラボはPharrell自身が申し込んだという。

PharrellはFrank Oceanについて「彼は本当に多彩だよ。妥協することも譲歩するなんてこともしない。なのに、僕は彼の失敗を見たことが無いんだ。所詮、僕たちは人間だから間違いはある。でも、彼のミスが無いように見せる力はすごいよ。それに彼の行動すべてに意味がある。彼の欠点でさえも。本当に考え抜いているように見えるよ」と語った。

つまりFrank Oceanも人間であり、彼にも欠点はもちろんあるが、それを間違っているものと思わせないキャラクターが彼に備わっているとPharrellは指摘している。

確かにこれまでにリリースしたFrank Oceanの作品は全て、彼のプラン通りにリリースされ、彼の世界が表現されているように思えてしまうのは事実だ。しかし彼のプラン通りに本当になっているかどうかはわからない。どこまでFrank Oceanはそうした完璧主義を貫くことができるのだろうか。

 

related

Frank Ocean、Kendrick Lamar、Kanye Westなどの楽曲が使用される映画『WAVES/ウェイブス』の予告編が公開

『ムーンライト』や『レディ・バード』、『ヘレディタリー/継承』など次々と話題作を発表して、ハリウッドに新風を吹き込む映画制作会社のA24。

来年のCoachellaのヘッドライナーはTravis Scott、Frank Ocean、Rage Against The Machineか?

4/10(金)〜4/12(日)、4/17(金)〜4/19(日)と2週連続で開催される来年のCoachellaのヘッドライナーについて、Us Weeklyが内部情報を得たと報じている。

"DHL"のプロデューサーであるBoys NoizeがA$AP Rockyを通じてFrank Oceanと出会ったことを明かす

00年代を代表するドイツ出身のエレクトロアーティスト、Boys Noize。最近ではFrank Oceanの久しぶりにリリースされた新曲“DHL”やA$AP Rockyの“Babushka Boi”にプロデューサーとして参加するなど、シーンを跨いでの活躍が目立つ彼がFrank Oceanとの楽曲制作を振り返っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。