Paul McCartneyがKanye Westとコラボした際に曲を作っていることに気づかなかったと明かす

2014年末と2015年初頭にリリースされた元The BeatlesのPaul McCartneyとKanye Westとのコラボ曲、 “Only One” “All Day” 、“FourFiveSeconds”の3曲を覚えているだろうか。結局アルバムなどには収録されずにシングルでリリースされるに留まったこれらの楽曲について、Paul McCartneyがDIY Magazineとのインタビューで振り返っている。

Paulのマネージャーを通じて連絡を取り合った両者、Kanye側が共作オファーを出すとPaulは「いいね、素晴らしいよ」と回答したとのことだ。そこまでヒップホップファンではないというPaulだが、KanyeとJay-ZのWatch the Throneのツアーを観た際に、「これは都市の詩だ」と気づき非常に感銘を受けたという。

Paul自身はKanyeとのコラボがどのようになるのかは想像できなかったと述べているが、ギターを持ってスタジオに向かったという。「結局僕たちはとてもたくさん喋ったね、僕は少しだけ演奏してそれがRihannaとの"FourFiveSeconds"になったね」と明かすPaulは、Kanyeのような人たちが「自分と共作をすることに興味を持ってくれてラッキーだった」と述べている。

ただ実際制作をしていた際にPaulは、事が上手くいきすぎて「僕は曲を作ったことにも気づかなかったほどだった」とも明かしている。ビバリーヒルズのホテルに作られたスタジオには、エンジニアも用意されており、Paulはギターを持ってスタジオを歩いていたというが、その時にKanyeは妻のKim Kardashianの写真をずっとPCで見ていたという。

Paulは曲をいつ書くのかと考えたものの、後でKanyeがPaulの弾いたリフが"FourFiveSeconds"で使えると踏んでRihannaに急遽ボーカルを頼んだのではないかと推測している。このレコーディングについてPaulは頑張らなくてもできたと不思議なレコーディング体験だったと振り返った。

 

RELATED

Kanye WestがNetflixの人気番組『デヴィッド・レターマン 今日のゲストは大スター』に出演 | #MeToo やトランプ大統領についても語る

先日、「#MeTooのせいで男性社会が恐怖に晒されている」との発言が報道され物議を醸したKanye West。そんな中、先の発言を行った場であるインタビュー番組『デヴィッド・レターマン 今日のゲストは大スター』のシーズン2がNetflixで配信されている。

Kanye Westが「#MeTooのせいで男性社会が恐怖に晒されている」と発言

昨年よりトランプ大統領の支持を表明し、「ヒラリー・クリントンの政策には男性として共感できない」と女性蔑視的な意見を披露したことで失望を広めたKanye West。そんな彼が、またもや物議を醸しそうな発言を行っている。

Kanye Westの教会を建てるアイデアにKim Kardashianも協力的なことが明らかに

先日、Kanye Westが自身の教会を設立することを計画しているとの報道があった。Coachellaでのパフォーマンスも話題となった「Sunday Service」など宗教的な面を近頃は多く見せているものの首をかしげざるを得ないこのアイデアだが、Kanyeだけでなく彼の妻であるKim Kardashianも教会設立に前向きであるようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。