BIMの1stアルバム『The Beam』のトラックリストが発表

7/4(水)から7/25(水)にリリースが延期されていた、BIMの1stソロアルバム『The Beam』のトラックリストが発表となった。

BIM自身がTwitterで発表したトラックリストには、先日アナウンスされていた通りにPUNPEEが唯一客演で参加し、ビートメイカーにはVaVa、OMSBなどをはじめとしてJJJや、海外からはKendrick Lamarなどにも楽曲を提供するAstronoteや、Rascal、Lanreが参加予定となっている。

またトラックリストをみると前半にはスマッシュヒットとなっている"Bonita"をはじめ他のプロデューサーからの楽曲が多く、後半にはセルフプロデュースの楽曲が多くなっている。THE OTOGIBANASHI'SやCreativeDrugStoreとしての活動はもちろん、ソロとしても多くの活動を行ってきたがどこか煮え切らない自分がいると気づきソロ活動を本格的に開始したBIMのアルバムは、どのようなものになっているだろうか?

Info

image

image-2

Artist : BIM
Title : "The Beam"
Release Date : 2018/07/25
Label : SUMMIT, Inc.
No. : SMMT-111 / XQMV-1012
Price : ¥2,500 + tax

•Tracklist
1. Power On(Produced by BIM)
2. Bonita(Produced by VaVa)
3. BUDDY feat. PUNPEE(Produced by Rascal)
4. サンビーム(Produced by Astronote)
5. Orange Sharbet(Produced by BIM & VaVa)
6. Tissue(Produced by JJJ)
7. Beverly Hills(Produced by OMSB)
8. Starlight Travel(Produced by Rascal)
9. D.U.D.E.(Produced by Astronote)
10. TV Fuzz(Produced by BIM)
11. Red Apple(Produced by BIM)
12. Bath Roman(Produced by BIM)
13. BLUE CITY(Produced by BIM)
14. Magical Resort(Produced by BIM)
15. Power Off(Produced by VaVa)
16. Link UP(Bonus Track) (Produced by Lanre)

https://www.summit2011.net/bim-the-beam/

RELATED

SUMMITからBIMやC.O.S.A.の5作品がレコードで登場

SUMMITから、昨年大きな話題を呼んだレコードの日以来のレコードリリースとしてBIM、C.O.S.A.の最新アルバムが本日4/28(金)に発売となる。

『KOBE MELLOW CRUISE 2023』にBIM、C.O.S.A.、chelmico、CreativeDrugStore、guca owl、Jin Dogg、JP THE WAVY、KEIJU、Kvi Baba、LEX、MonyHorse、SALU、Skaaiなどが出演

昨年初開催された神戸を舞台にした都市型音楽フェス『KOBE MELLOW CRUISE』の今年の出演者が発表となった。

福岡で開催されている『lit』の2周年パーティーにPUNPEE & BIM、STUTS、tofubeats、kZm、Daichi Yamamoto、どんぐりず、Skaaiなどが出演

ヒップホップを中心に最先端のダンスミュージックの発信をコンセプトにした福岡発のパーティーコレクティヴ『lit』の2周年パーティーが、4/7(金)と4/8(土)に福岡DRUM LOGOS / MAGIC SQUARE BUILDINGで開催される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。