十三月の甲虫とGHPDによるスプリット7インチ『BODY ODD』が7月にリリース

GEZANが主宰するレーベルで、国内外問わずリリースを行う十三月の甲虫と、SIMI LABのメンバーやYELLOWUHURUなどによるレーベルGHPDとのスプリットシングルが7月にリリースされる。

片面はGEZANのハードコアチューンにラッパーやシャウトなどクロスオーバーなマイクリレーで彩られ、片面はOMSB&Hi'Specという異色のコラボレーションの一枚となる。

また同名のミックスカルチャーイベント"BODY ODD"も8月に渋谷Contactで開催される。

先日GHPDのメンバーであるYELLOWUHURUによるミックス『T.3.T』もリリースされたばかりだ。

Info

【タイトル】

BODY ODD

【発売日】

2018年7月25日

【品番】

jsgm-27

【価格】

¥1500(税別)

【問い合わせ】

related

難波BEARSのドネーションコンピの全国流通とストリーミングでの解禁が決定 | 十三月の過去タイトル5作品も再発売決定

GEZANによるレーベル十三月からリリースされた大阪の老舗・難波BEARSを支援すべく集まった、ゆかりのあるアーティストによるドネーションオムニバスCD『日本解放』の全国流通とストリーミングサービスでの解禁が決定した。

LIQUIDROOMによるメッセージTシャツプロジェクトにGEZANが登場

これまで電気グルーヴ、坂本慎太郎、THA BLUE HERB、Awichなどが参加してきたLIQUIDROOMのメッセージTシャツプロジェクトに、新たにGEZANが登場した。

『夏の魔物』にAwich×kZm、GEZAN、eastern youthなどの追加出演が決定

8/30(日)に東京・八王子のエスフォルタアリーナ八王子で開催される『TBSラジオ主催 夏の魔物2020 in TOKYO』の追加発表が行われた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。