YaejiがFACTの名物企画"Against The Clock"に登場

昨年そのエクレクティックなダンスサウンドで、一躍注目を集めたプロデューサーのYaejiが、UKのFACTの名物企画"Against The Clock"に登場した。

10分間で1曲を作り上げるこの企画、Yaejiはまず彼女らしいミニマルで生々しいボトム部分から作り始めていく。その後メロディーなども足していくが、彼女らしいのは4分が経過したところから。

歌詞のアイディアのようなものが書かれているメモ帳を取り出したYaejiは、そのメモをみながらボーカルを入れていき、何パターンか録ったところでトラックにあわせながら自身のボーカルをエディットしていく。

自身のボーカルを音の素材やメロディーの一部として使っていくのは、昨年のEPでも見られた手法で、そのやり慣れた方法を用いて10分間でトラックを完成していっている。

RELATED

Yaejiが「Karaoke Mix」と題したDJミックスをSoundCloud上でリリース

ニューヨークを拠点として活動する注目アーティストYaejiが“Karaoke Mix”と題したミックスをSoundCloudにアップした。

Yaejiが新曲“One More”とCharli XCXの“Focus”のリミックスも公開

NYを拠点に活動する韓国人プロデューサーYaejiが新曲“One More”をドロップした。

【インタビュー】Yaeji | ルールを壊して好きなものだけで

韓国人の両親の元、NYで生まれ現在もNYを拠点に活動するYaejiは、「クゲアニヤ~クゲアニヤ~」という自身による韓国語のフックが中毒性の高い”drink i'm sippin on”やミニマルなサウンドとフラットなボーカルが見事に溶け合った"Raingurl"、さらにはDrakeの"Passionfruit"のハウスマナーに沿ったリワークなどを収録した、2017年型エクレクティックサウンドの最先端といった『EP 2』で一気に今年下半期の話題をさらった

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。