BAD HOPのEP『BAD HOP HOUSE』からBenjazzyによる"Who Run It"のリミックスが公開

BAD HOPがリリース予定の新作EP『BAD HOP HOUSE』。同作のCD初回限定盤に収録されるBenjazzyの"Who Run It"リミックスがYouTubeで公開された。

これはG HerboがラジオでThree 6 Mafiaのクラシックチューン"Who Run It”のビートでフリースタイルを行ったのがきっかけとなり、アメリカでムーブメントとなっている"Who Run It"チャレンジに則ったもの。USではビーフ中のRich The KidとLil Uzi Vertが、2人ともディス曲にこのビートを用いるなど大きなトピックとなっている。

Benjazzyは、得意のファストフロウを用いつつも、独特のリズム感で他のリミックスとは違うオリジナリティーを出している。

BAD HOPの新作『BAD HOP HOUSE』のリリース日はまだ明らかになっていない。

related

BAD HOPが横浜アリーナで開催予定だった2日間の公演が延期に | 『NAMIMONOGATARI2021』の影響

BAD HOPが明後日9/1(水)と9/2(木)に横浜アリーナで開催予定だった『BAD HOP THE REVENGE TOUR FINAL IN YOKOHAMA ARENA』が開催延期されることになった。

BAD HOPの横浜アリーナでの再リベンジ公演のチケットが販売開始

BAD HOPが9/1(水)に横浜アリーナで開催するワンマンライブの再リベンジ公園のチケットが、6/15(火)に発売となる。

cherry chill will.による写真展が広島でも開催 | BAD HOPとのコラボアイテムも発売

cherry chill will.がCarhartt WIP Japanのサポートの元で福岡で開催した写真展を、広島のSORTone Exclusive Spaceで3/12(金)から開催する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。