C.Eが東京と大阪でAnthony Naples、Huerco S.、Low Jackなどを招聘しパーティーを開催

3月にはPLO Man、4月にはWill Bankhead、Samo DJと国内でのギグは貴重なPowderを迎えパーティーを開催してきたC.E。

5月に東京と大阪の2都市で3ヶ月連続の締めくくりにふさわしい豪華メンツを迎えパーティーを開催する。

まず5/11(金)には東京・代官山UNITで開催。こちらにはAnthony NaplesとHuerco S.のB2Bセットをはじめ、待望の初来日となるLow Jackが登場。さらに東京にのみNGLYとKeita Sanoも出演する。

翌日には大阪CIRCUSでもパーティーを開催、Anthony NaplesにHuerco S.、そしてLow Jackが出演する。

ダンスミュージックカルチャーから大きなインスピレーションを受けてきたC.Eらしいこのパーティーシリーズの締めくくりには文句なしのラインナップ。GWの後にもまた楽しみなパーティーが登場した。

Info

Tokyo_110518_Flyer_S

C.E presents
ANTHONY NAPLES & HUERCO S. (B2B)
LOW JACK
NGLY (Live)
KEITA SANO (Live)
DJ HEALTHY
CHANGSIE
JR

Friday 11 May 2018(2018年5月11日金曜日)
Open/Start: 11:30 PM
Venue: UNIT www.unit-tokyo.com
Advance ¥2,800 / Door ¥3,500
Tickets available from Resident Advisor / Clubberia / e+
※20歳未満の方のご入場はお断り致します。年齢確認のため顔写真付きの公的身分証明書をご持参願います (Over 20's Only. Photo I.D. Required.)

Osaka_120518_Flyer_S

C.E presents
ANTHONY NAPLES & HUERCO S.
LOW JACK

Saturday 12 May 2018(2018年5月12日土曜日)
Open/Start: 11:00 PM
Venue: CIRCUS Osaka circus-osaka.com
Advance ¥2,500 / Door ¥3,000
Tickets available from Resident Advisor / Clubberia / Peatix
※20歳未満の方のご入場はお断り致します。年齢確認のため顔写真付きの公的身分証明書をご持参願います (Over 20's Only. Photo I.D. Required.)

RELATED

C.EによるパーティーがWill Bankhead、Beatrice Dillon、Lukid、Mars89が出演して開催

Skate Thingがデザイナー、Toby Feltwellがディレクターを務めるブランドC.Eが2019年初となるパーティーを2019年5月18日(土)に青山のVENTにて開催する。

C.EのカセットテープシリーズからUKのプロデューサーPLOYが登場

Samo DJ、Anthony NaplesとHuerco S.のスプリット、Joy O、E.L.M.S.と様々なプロデューサーによるテープをリリースしてきたC.Eが、今年初となるカセットテープを3月23日(土)に発売する。

【あの服の、ルーツミュージック Vol.1】 | トビー・フェルトウェル(C.E)

カルチャーという枠組みの中で、ファッションと音楽は切っても切れない関係のはず。だけど、現在の日本では両者があまりリンクしているように思えない。音楽、ファッション、カルチャーの記事を配信する「FNMNL」的に、これは由々しき問題。というわけで、始まったのがこの新連載「あの服の、ルーツミュージック」。音楽と深く結びついたアパレルブランドの中心人物に、極私的なルーツミュージックを聞いていきます。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。