FKA Twigsが出演、スパイク・ジョーンズが制作した話題のAppleのCMはどのように作られたのか | その驚きの舞台裏

今月Appleが公開したFKA TwigsがAnderson .Paakの楽曲で家の中を自由自在に踊る『HomePod』のCMは大きな話題となった。

CMは通勤ラッシュにのみこまれつつ、意気消沈し帰宅したFKA Twigsが、『HomePod』に好きな曲を流してと頼むと、Anderson .Paakの新曲"Til It’s Over"がプレイされ、徐々に曲に合わせて踊り出すFKA Twigsと共に部屋自体も変化していくというちょっと不思議な内容。

スパイク・ジョーンズらしい奇想天外なアイディアと.Paakの曲に合わせたTwigsの素晴らしいダンスの融合により、フレッシュなCMが出来上がったがAD Weekが、このCMのメイキングドキュメンタリーを公開した。

ドキュメンタリーではスパイク・ジョーンズと共にTwigsが振り付けを覚えるシーンからスタートし、Twigsがネット越しにオーディションを受ける様子なども差し込まれている。

さらに驚くべきことにCMで自由に形を変化させる部屋はCGなどは使わずに、セットとして作られたものであるということも明らかになる。Twigsの情熱的で独創的なダンスと、ジョーンズを始め数多くのスタッフの創意によってこのCMが作られたのがわかるメイキングだ。

related

Anderson .PaakがVansのグローバルミュージックアンバサダーに就任 | コラボコレクションも発表

VansがAnderson .Paakをブランド初となるグローバルミュージックアンバサダーに起用することを発表した。

FKA twigsが"sad day"のヒロ・ムライによるミュージックショートフィルムを公開 | スタントなしのソードアクションにも挑む

2019年にリリースされたFKA twigsの2ndアルバム『MAGDALENE』から、Skrillex、Nicolas Jaar、Cashmere Catなどが参加した"sad day"のミュージックショートフィルムが公開となった。

スパイク・ジョーンズが手掛けたBeastie Boysのドキュメンタリー映画がApple TV+で本日公開 | メンバーがセレクトしたプレイリストもApple Musicで

親交の深いスパイク・ジョーンズが手がけることでも話題となっていてBeastie Boysのドキュメンタリー映画『Beastie Boys Story』が本日からApple TV+で公開となった。 映画はニューヨークシティ出身の3人のティーンエイジャーがハードコアパンクバンドを結成し、いかにして...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。