MIYACHIが新曲"Wakarimasen"のミュージックビデオを公開

NY在住の日系アメリカ人ラッパーのMIYACHIが、新曲"Wakarimasen"のミュージックビデオを公開した。

MIYACHIは、ニューヨーク/マンハッタンのアッパー・ウエスト・サイドにある音楽一家出身の、25歳のラッパー。昨年公開した"Bad and Boujee"の日英二ヶ国語を織り交ぜたジャックが話題に。

それをきっかけに来日しイベントへの出演やAKLO・kZmと制作した楽曲"KILL IT EYDEY"、HIYADAM & JP THE WAVYの "Bukkake"にもフィーチャリングで参加しファンを増やしてきた。

新曲"Wakarimasen"はビートも自身で制作、「英語わかりません 英語わかりません」と繰り返すフックの中毒性の高さが話題となっている。

related

MIYACHIが"MAINICHI"の続編としてANARCHYを迎えた"MAINICHI II"をリリース

ワーナーミュージック移籍第一弾となる"CHIGAI WAKARU"をリリースしたばかりのMIYACHIが、ANARCHYとタッグを組んだ"MAINICHI II"を本日9/30(金)にリリースした。

Maison Kitsunéによる配信イベントにMIYACHIとYoung Cocoなどが出演

Maison Kitsunéによる音楽イベント『Kitsuné Afterwork』が、配信形式で復活する。

MIYACHIがキャリア初となるワンマンライブをTSUTAYA O-EASTで開催

MIYACHIは様々な楽曲への客演参加やTikTokなどのSNSでも話題を集めた"Famima Rap"、盟友Matt Cabを全面プロデュースに迎えた最新EP『GOOD NIGHT TOKYO』など精力的な活動を続けるMIYACHI。その勢いのままにキャリア初となるワンマンライブを渋谷 TSUTAYA O-EASTで7/25(日)に開催する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。