Kendrick Lamarが『ブラックパンサー2』にはカメオ出演したいと語る

現在アメリカで大ヒット中の映画『ブラックパンサー』。この成功を受けて、マーベルが今作の監督Ryan Cooglerを再び起用し「ブラックパンサー」続編の計画を進めているという話もあるようだ。また、Kendrick Lamarがプロデュースしたサウンドトラック『Black Panther: The Album』も現在Billboardチャートで2週連続1位とヒットを記録している。今週木曜日、Kendrick LamarはBBC Radio 1の インタビューに登場し『ブラックパンサー』の続編についてやアート作品を作る喜びについて語っている。

BBC Radio 1's Clara Amfoに登場したKendrick Lamarは、『ブラックパンサー』の続編にはオファーが来たらカメオ出演したいと話し、理想の役柄について尋ねられると、Killmongerのような「悪役だけど、愛されていて、また誤解されている」キャラクターと答えている。

また、本作でサウンドトラックに携わったことについてKendrick Lamarは「時が経っても残るような傑作の音楽に関われたことは光栄だった」、「この映画はこの時代だけでなく、ずっと残り続ける作品だと思う」と語っている。

自らの思考やアイデアがアート作品になっていく過程を経験することの喜びについてもLamarは話しており、そのことについて彼は「こういう言葉やアイデア、そしてアルバムたちも全て、自分の中の思考から来ているんだ。それが生まれるのは自分のベッドルームかもしれないし、トイレや車の中かもしれない。そして、そういうものがその6ヶ月後には世界中に広がって、人々が同じ時に同じ考えを共有しているんだ。これは本当に素晴らしいことだね。」

また、LamarとAmfoはグラミー賞やブリット・アワードなどについても話している。インタビューはこちらからチェックすることができる。

(辻本秀太郎)

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。