秋本奈緒美によるマライアの面々が参加した80'sバレアリックポップチューンが7インチでリリースへ

世界的な注目を集めている、80年代の日本産バレアリックサウンドだが、笹路正徳、清水靖晃などマライアのメンバーが参加し、1982年にリリースされた秋本奈緒美のアルバム『One Night Stand』から7インチがリリースされる。

現在は女優として活動する秋本が、ジャズ・シンガーとしてリリースしたセカンド・アルバム『One Night Stand』は、プロデュースを手掛けた笹路正徳(key)を筆頭に、清水靖晃(sax)、土方隆行(g)、山木秀夫(ds)ほかマライアのメンバーが全編に参加している。フュージョン~ファンク~ニューエイジなど様々なジャンルを取り込んだ同作は、今日のバレアリック・ミュージック的感覚を内包したアルバムとして高く評価されている。

今回7インチでリリースされるのは、Patti Pageによる歌唱でもおなじみのカントリー・クラシック"Tennessee Waltz"と、Walter Bishop Jr.やBoz Scaggsのバージョンで知られるアメリカン・ポップス"Speak Low"の日本語カバーの2曲。

"Tennessee Waltz"は不穏なマシン・ビートとうねるベースに、秋本奈緒美のアンニュイなヴォーカルが絡むバレアリック・ポップス・カバー。"Speak Low"はブギー・ファンク・アレンジとなっており、ドープなベースラインに妖しくエロチックなヴォーカルが絡む、アダルトな魅力のミッドナイト・アーバン・ソウルとなっている。

Info

JS7S190

秋本奈緒美 ​/​『Tennessee Waltz / Speak Low』
発売日: 2018年4月​​25日(水)​
価格: ​1,500​円+税
レーベル:​Victor / JET SET
品番: JS​7S190
​形態: ​7​"
収録曲:
SIDE A
1. Tennessee Waltz
SIDE B
1. Speak Low
■JET SET Online Shopにて予約受付​中​

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。