tofubeatsを高校生の時から知る人物がオーガナイズする『FANTASY CLUB』リリースパーティ in 京都

tofubeatsは5月にリリースした『FANTASY CLUB』を引っさげて東京、大阪、札幌とツアーを行った。3ヶ所ではソロライブツアーと題して参加ゲストと共にソロライブセットを主題に行ってきたが、続く京都、岡山のリリースツアーではゆかりの深いアーティストたちとライブを行うようだ。その京都編が来週に予定されているが、そのツアーイベントのオーガナイザーのdj colaboyからFNMNL読者にメッセージが届いている。

「dj colaboyと申します。おもに京都メトロでHOMESICKというパーティを不定期で主催してます。

今はbungalow寺町店になってる、japonicaの奥のカフェスペースで2008年に第1回のHOMESICKを開催した時、もっと言うと四条河原町のtimepiece cafeで名前のないパーティをやってた時から、エポック的な回に度々出演して貰ってるtofubeatsくんのインスタントクラシック「FANTASY CLUB」のリリースを記念したパーティを11月11日に京都メトロで開催します。

今は亡き新世界bridgeでやけのはらくんから紹介された高校生が10年の時を経て日本を代表するミュージシャンの一人となり、2017年を象徴する傑作アルバムをリリースし、リリースパーティを私どもが手掛ける、ということはもちろん当時は予想だにしてませんでしたが、とても嬉しく思います。

共演にJUN KAMODA。僕がオーガナイズをやり続けているのは、KAMODAさん=イルリメさんやGEBOさんが出てた浪華横丁皿三昧というパーティで受けた衝撃が忘れられないためです。HOMESICKでは[1](さらうんど)での出演時にtofubeatsくんとは一緒にやって貰ってますが、今回こういった形での共演は私自身非常に楽しみにしております。

DJ陣はこれまたHOMESICKに頻繁に出て頂いてるDJの中のDJ、okadadaくんとODD EYESのシュウトくんことwhatman、そして私の3人で務めさせて頂きます。

そして影の主役とも言えるPAは「FANTASY CLUB」のマスタリングを手掛けた得能直也氏。

大阪編に遊びに遊びに行かせて頂きましたが、最高のリリースパーティだったので京都編も素晴らしい一夜になると確信しております。

何卒よろしくお願い致します」(dj colaboy)

----

homesickkyoto.blogspot.jp で過去の出演者やフライヤーを見ることができる。今後のHOMESICKは予定としては、12月2日にSLOW MOTIONとのコラボ企画、22日には東京のパーティとのコラボ企画を予定。マスト・チェック!

EVENT INFO

HOMESICK 34
~ tofubeats "FANTASY CLUB" release party in Kyoto ~

2017.11.11 (sat)
17:30 open / 21:45 close
at Metro, Kyoto

LIVE:
tofubeats
Jun Kamoda

DJ:
okadada
whatman
dj colaboy

PA:
Naoya Tokunou

FLYER:
Miharu

前売りチケット: 完売
当日 3,800yen (+1D) (数量未定)

------------

METRO
京都市左京区川端丸太町下ル京阪神宮丸太町駅2番出口 恵美須ビルBF
TEL: 075-752-4765

https://www.metro.ne.jp/single-post/171111a

脚注

脚注
1 (さらうんど

related

tofubeatsの最新アルバム『REFLECTION』がアナログレコード化 | 11月のレコードの日にリリース

tofubeatsの5thフルアルバム『REFLECTION』が、レコードの日である11/3(木)にアナログレコードでリリースされる。

【フォトレポート】『YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022』

6/4(土)、6/5(日)に横浜赤レンガ倉庫を舞台に開催された『YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022』。日本最大級のアーバンスポーツの祭典と銘打たれ、日本人選手の活躍で一躍人気となったスケートボードやBMX、今新たに注目されているブレイキンやパルクールなど、全6種目の世界的プレーヤーたちが一堂に会したこのイベント。

tofubeats Interviewed by in the blue shirt | 『REFLECTION』をめぐる雑談

tofubeatsが今月リリースした4枚目のアルバム『REFLECTION』は、これまでハイペースでアルバムをリリースしてきたtofubeatsだが、前作『RUN』から4年のスパンをかけて制作された。同時発売された初の書籍『トーフビーツの難聴日記』で明かされたように、今作は突発性難聴を発症したことをきっかけに鏡というテーマが導き出され、制作が進んでいった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。