ゆるふわギャングのSophieeがNENE名義でセルフタイトルのソロアルバムを12月にリリース

photo by 山谷佑介

ゆるふわギャングのSophieeがNENE名義でソロアルバム『NENE』を12/6にリリースする。

「東京の中のオアシス」をテーマに自身の内面を深く掘り下げて制作したこのアルバムは、ゆるふわギャングとしてのアルバム『Mars Ice House』とは違った味に仕上がっている。

プロデューサーにはゆるふわギャングのAutomaticと『Mars Ice House』収録の"Escape To The Paradise"を手がけたEstraの2人を迎えている。客演にはゆるふわギャングのRyugo Ishidaら複数のアーティストがフィーチャーされる。

アルバムのアートワークやトラックリストは随時アップデートされていく予定だ。

Info

artist: NENE
title: NENE
label: Mary Joy Recordings
release date: 2017/12/06

related

NENEがEP『夢太郎』からNIPPSをフィーチャーした超強力な"地獄絵図"のMVを公開

ゆるふわギャングのNENEが7月にリリースしたEP『夢太郎』からNIPPSをフィーチャーした"地獄絵図"のミュージックビデオを公開した。

NENEがEP『夢太郎』のリリースを記念してオンラインライブを開催 | Koji Nakamura、estra、Ryugo Ishidaが参加する実験的なマシーンバンドセットを披露

7月にソロEP『夢太郎』をリリースしたNENEが、同作から初披露となるライブを8/28(金)にオンラインで生配信する。

【コラム】A New Form of Japanese Rap 2020|交差するラップとレイヴ

トラップのビートが一つのスタンダードとなり、メインストリームからアンダーグラウンドまでありとあらゆるシーンを席巻して何年も経つ。現行のラップミュージックのビートは大雑把に「ブーンバップ」と「トラップ」に二分されることが多いが、もちろんその大きな括りの中で様々なサブジャンルが生まれては消えることを繰り返している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。