U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESSによる新曲のMVが公開 | お菓子メーカーの「ギンビス」がテーマに

これまでもスチャダラパーの"サマージャム'95"のカバーや、矢野顕子をフィーチャーした"にゃー"などの楽曲を発表してきたU-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS。

本日お菓子メーカーの「ギンビス」がテーマの新曲"ギンビス"のミュージックビデオをYoutubeで公開した。

「ギンビス」はアスパラガスビスケット、たべっ子どうぶつ、しみチョココーンなど人気のお菓子を販売しているメーカー。3人がギンビスのお菓子が好きなのがきっかけでこの楽曲は作られたという。楽曲中でも社名の発音の仕方やギンビスが販売しているお菓子の思い出について語られている。

またミュージックビデオではインドに出向き、現地の人々にギンビスのお菓子を食べてもらっている模様が映し出されている。

related

環ROY"Rothko”のratiffによるリミックスがリリース

環ROYが全てのラップ、ビートメイキングを独力でおこない、完全セルフ・プロデュースのアルバムとして2020年11月に発表した環ROY『Anyways』。本作の収録曲から気鋭のアーティスト達が自ら選曲、リミックスを制作し『Anyways Remixies』として発表するプロジェクトから、ratiffによる“Rothko”のリミックスがリリースされた。

環ROYと角銅真実がライブパフォーマンスをAmazon Music Japan Channelにて配信

8月4日にリリースした“憧れ (角銅真実 Remix)”も話題となっている環ROYと角銅真実が、二人では初となる生演奏でのライブパフォーマンスを9月8日(水)にAmazon Music Japan Channelにて配信する。

環ROYが“Flowers (冥丁 Remix)”をリリース

環ROYが全てのラップ、ビートメイキングを独力でおこない、完全セルフ・プロデュースのアルバムとして2020年11月に発表した環ROY『Anyways』。本作の収録曲から気鋭のアーティスト達が自ら選曲、リミックスを制作し『Anyways Remixies』として発表するプロジェクトから、冥丁による“Flowers”のリミックスがリリースされた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。