Pharrell Williamsが7歳の少女にインタビューされる心温まる動画が公開

ファッション誌『W Magazine』のYoutubeチャンネルが、Pharrell Williamsが7歳の少女にインタビューされる動画を公開。住みたい惑星、ピアスを空けた年齢など、普段のインタビューでは聞かれることのない質問に次々と答えた。

アメリカのモード/ファッション誌『W Magazine』のYoutubeチャンネルが配信している、7歳の少女にアーティストをインタビューさせる動画シリーズ。第2弾となる今回はPharrell Williamsが登場。これまで数えきれないほどの大手メディアからインタビューを受けた彼だが、今回は子供視点のユニークなインタビューで、いままでのインタビューでは聞かれたことの無いであろう質問が飛んだ。

「自分を幸せにしてくれる5つのことは何?」と聞かれ、「1つめは神様かこの全宇宙、2つ目は僕の家族、3つめは音楽を作るという仕事、4つめは種族が前進するためには他人の感情を理解するべきであると人類が気づくこと、5つ目は他の人が幸せなのを見ること」とPharrellは答えた。

他にも住みたい惑星に火星を選んだり、ピアスを初めて開けたのは10代の時であると語り、自身が7歳の時に好きだった曲は”Planet Rock”と明かすなどと、7歳のインタビューアーからされる無垢な質問をひとつひとつ丁寧に解答。

純粋な少女とPharrell Williamsが繰り広げる微笑ましいインタビュー動画はこちら

related

ReebokとBILLIONAIRE BOYS CLUBによるコラボスペシャルモデルが発売

Reebokと、Pharrell Williamsが設立した人気アパレルブランドのBILLIONAIRE BOYS CLUB(ビリオネアボーイズクラブ、略称・BBC)とのコラボレーションアイテム2/22(土)に発売される。

adidas Originalsが『SUPERSTAR』誕生50周年を記念した新キャンペーンを始動|Jonah Hillが監督しPharrell Williamsらが出演するフィルムも公開

adidas Originalsが、アイコニックなスニーカーである『SUPERSTAR』の誕生から50年の歴史と、今後の未来をセレブレイトすべく、新キャンペーン『CHANGE IS A TEAM SPORT - つなげ、その意思を。』をスタートした。

KelisがThe Neptunesによって楽曲の権利を奪われ報酬を受け取っていないと主張

先日、長い活動休止期間を経てついに再始動を果たすことが発表されたPharrell WilliamsとChad Hugoのプロデューサーユニット、The Neptunes。そんな彼らとのコラボレーションで知られるR&BシンガーのKelisが、このタイミングでまさかの主張を行い話題となっている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。