WWW XとWWWのアニバーサリーイベント『Emotions』にMIYACHIやCHAIなどが追加

tofubeatsやゆるふわギャング、KID FRESINO、C.O.S.A.などがラインナップされ話題となっているWWW XとWWWのアニバーサリーイベント『Emotions』の追加出演者が発表された。

第二弾として追加されたのはMigosの曲をビートジャックした、"BAD & ブジ"が大きな話題を呼び注目を集めるNY在住の日系アメリカ人バイリンガルラッパーMIYACHIが初ライブ。

さらに4月にリリースしたEP『ほめごろシリーズ』が話題となっている『NEOかわいいバンド』CHAIも追加された。

そしてD.A.N.のDaigo SakuragiによるDJ SET、Aspara、S-LEE、KOTSU、The Chopstick KillahzがDJとして追加ラインナップされた。

Info

WWW

2017年10月6日(金)
WWW & WWW X Anniversaries "Emotions" supported by EYESCREAM

出演:
Alfred Beach Sandal + STUTS
KID FRESINO
C.O.S.A.
ZOMBIE-CHANG (BAND SET)
CHAI
tofubeats
MIYACHI
MonyHorse, PETZ (YENTOWN)
ゆるふわギャング

DJ:
Aspara
S-LEE
KOTSU
Daigo Sakuragi (D.A.N.)
The Chopstick Killahz
YonYon

and more...

渋谷 WWW / WWW X / WWWβ

時間:OPEN 18:30 / START 19:00 (END24:00)

※18 歳未満は 22:00 以降入場不可
※WWW / WWW X / WWWβ 出入り自由となります。

料金:前売り ¥2,300 / 当日券 ¥3,000 (ドリンク代別)

《チケット発売中》
e+ / ローソンチケット[L:70905] / チケットぴあ[P:343-391] / WWW店頭

問い合わせ:WWW 03-5458-7685
主催・企画制作:WWW
協力:EYESCREAM

公演詳細ページ:http://www-shibuya.jp/schedule/008171.php

related

MIYACHIの“MAINICHI”にJP THE WAVY、Hideyoshiが参加した“Tokyo Remix”がリリース

今年に入り、Redbullの人気企画『RASEN』への参加に加え、新型コロナウイルスをテーマにした“MASK ON”、日本の労働社会を風刺した“MAINICHI”、世界各国で広がる人種差別抗議運動を受けての日本のHip Hopシーンへの問題提起曲“ALLERGY”など注目作を多数発表してきたMIYACHIが、JP THE WAVYとHideyoshiを迎えた“MAINICHI (Tokyo Remix)”を本日リリースした。

MIYACHIの"MAINICHI"に今度はOZworldとJoseph Blackwellが参加した"Okinawa Remix"が登場

MIYACHIの楽曲"MAINICHI"にはこれまでLeon Fanourakis、LEX、SANTAWORLDVIEWが参加した"Yokohama Remix"、¥ellow Bucksが参加した"Nagoya Remix"、Eric B Jr.が参加した"Osaka Remix"がリリースされるなど、バイラルヒットとなってきたが今度はOZworld a.k.a. R'kuma & Joseph Blackwellが参加した"Okinawa Remix"が登場した。

MIYACHIがBlack Lives Matterと日本のヒップホップシーンに問題提起する新曲"ALLERGY"を緊急リリース

MIYACHIは全米だけでなく世界各国で広がるBlack Lives Matterの人種差別抗議運動の地元NYで行われたデモに参加した。様々な憤りを覚えながらも、日本のヒップホップシーンに問題提起する新曲"ALLERGY"をリリースし、リリックビデオを公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。