Drakeにサンプリングされ話題のGabriel Garzón-Montanoが初の単独来日公演

フランスとコロンビア移民の両親の元に生まれ、NYのブルックリンで育ったR&BアーティストのGabriel Garzón-Montanoの初めての単独来日公演が、11月に代官山UNITで開催される。

90年代にフィリップ・グラス・アンサンブルのメンバーだったという母親の影響を強く受けたGabrielは、2014年に『Bishouné: Alma del Huila』をリリースすると、レニー・クラヴィッツのヨーロッパ・ツアーのサポートとして抜擢。また、英ウェンブリー・アリーナでの公演翌日には、彼の楽曲"68"がDrakeの『If You're Reading This, It's Too Late』でサンプリングされるという報せを受け、一気に注目のアーティストに躍り出た。

2016年には新作『Jardín』をレコーディングするためヘンリー・ヒルシュと共にスタジオに入る。マルチ・インストゥルメンタリストである彼は、ドラム、ベース、ギター、シンセサイザー全てを自ら演奏しアナログ・テープに録音。更には、パーカッション、プログラミングや、幾重にも重なるボーカルもひとりでこなした。新作についてGabrielは、「人生がいかに美しく、そして人の心がどんなに繊細なものか、というのを皆に感じ取ってもらえるような楽曲作りを目指した」と語っている。

代官山UNITでの来日公演は11/28に開催、現在先行チケットが発売中だ。

Info

GABRIEL_A5_v2-01

Gabriel Garzón-Montano来日公演

<東京> 2017年11月28日(火) 代官山UNIT
開場 18:15 / 開演19:00
スタンディング \6,000 (税込・別途1Drink代) ※未就学児入場不可

【お問い合わせ先】
LIVE NATION JAPAN e-mail: info@livenation.co.jp

related

TAICOCLUB'17 第3弾出演アーティスト発表。BIBIOによる貴重なライブセットなど新たに6組が追加

5/27~5/28に長野県・こだまの森で開催されるTAICOCLUB'17の出演アーティスト第3弾で国内外の6組のアーティストがアナウンスされた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。