AKLO × JAY’EDによるコラボ作『Sorry...come back later』がリリース | BACHLOGICが全曲をプロデュース

AKLOとJAY’EDの6曲のコラボチューンを収録した新作『Sorry...come back later』が、リリースされた。

すでに公開されているGhetto Hollywoodが手がけた90年代の音楽番組をオマージュしたミュージックビデオも話題の"Different Man"など全曲のプロデュースを手がけるのはおなじみのBACHLOGICだ。

イラストレーターの永井博、完全書き下ろしによるイラストをジャケットに起用。『Sorry…come back later』(すぐに戻ります。)というタイトルどおり、MacBookとヘッドホンが置かれた誰もいない部屋が描かれている。

Info

AKLO JAYED

アーティスト:AKLO×JAY’ED
タイトル:Sorry...come back later
発売日:2017 年 9 月 6 日(水)
収録楽曲数:6曲
価格:¥1,500+税
品番:TFCC-86599

AKLO Official Site
https://www.aklo.jp

JAY’ED Official Site
http://www.jayed-ldh.jp

related

新フェス『KOBE MELLOW CRUISE』にAKLO、STUTS、SIRUP、kojikojiなどが追加発表

神戸・メリケンパークで5月に開催される新フェス『KOBE MELLOW CRUISE』の第三弾出演者が発表となった。

AIRMAX ZEPHYRの発売を記念してAKLOによる配信ライブが開催

NIKEが2020年最後にリリースするAIRMAX ZEPHYRが12/2(水)にBILLY’SやNIKEの一部店舗で発売となる。

AKLOとZORNがまたもやコラボ曲"カマす or Die"のミュージックビデオを公開

来月に東京と大阪で開催されるツーマンライヴ『AtoZ 2020』に先駆けて、先日コラボ曲"Have A Good Time"を公開したばかりのAKLOとZORN。同曲に続けて"カマす or Die"のミュージックビデオが公開となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。