Trae tha Truthが小型船で洪水被害の地元のヒューストン市で救助活動を行う

米テキサス州を襲ったハリケーン「ハービー」の豪雨で水没し、現在も洪水被害に見舞われているヒューストン市。ヒューストン市出身のラッパー、Trae tha Truthが自ら小型の船で洪水被害者たちを救出しに行くという行動に出た。

この豪雨はアメリカ本土で史上最多となる降水量を記録し、ヒューストン市は広い範囲で浸水。道路も冠水、交通網は麻痺し、逃げ遅れた住民は身動きが取れない状態だったという。

ヒューストン出身のラッパーTrae tha Truthはボランティア数名と共に小型の船を出して救助活動を行った。冠水した道路を船で往復し、救助を求めている住民たちを安全な場所に次々と送り届けた。

Trae tha Truthが救助活動を行っている姿は現地のニュース番組も報道。「この被害の大きさには言葉を失う。昨晩自分が救助された時にとても無力に感じたんだ。だから今救助を求めてそう感じている人の気持がわかる」と、救助するために行動を起こした理由をTrae tha Truthは語る。

救助活動だけではなく、この夏Trae tha Truthは他にもヒューストン市に対して社会的貢献活動を行っている。7月に現地の公立図書館と手を組み、ヒューストン市で学校に通う75人の生徒に奨学金を寄付し支援した。識字率の低さを打開するために、生徒によりよい教育環境を与えるとのこと。

We R One.... HoUSton....??

traeabnさん(@traeabn)がシェアした投稿 -

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。