Keita Sanoが主宰するMad Love RecordsからWool & The Pantsの7インチがリリース

ギター、ベース、ドラムの3人編成の東京のオルタナティヴ・ファンク・バンドWool & The Pantsが、Keita Sano主宰のレーベルMad Love Recordsから、初の7インチシングルをリリースする。

Wool & The Pantsは、これまでも小規模なライブハウスからカクバリズム界隈のパーティーまでその特異な歌声とストイックなまでのミニマルな楽曲で話題を集めてきた。

7インチシングルにはざらついたミニマル・ビートに、ミディアム・テンポのビートに怪しく絡むダーティー・ソウルナンバー"Bottom of Tokyo"と、レーベルを主宰するKeita Sanoによるタメを効かせた抑揚のあるビートに繊細なメロディを放つシンセやヴォイス・サンプルを融合させたリミックスを収録。

アートワークにCOMME des GARCONS SHIRT 2016-17にも作品が起用され世界的に注目が高まっている新進気鋭の美術家、安野谷昌穂を起用。デザインとMVは最先端のカルチャー雑誌ERECT Magazineの専属デザイナー古松弘海が手がけている。

Info

egjdaOFz

アーティスト:Wool & The Pants
タイトル: Bottom of Tokyo
レーベル:MAD LOVE Records
品番:MAD-002
フォーマット:7”
一般販売価格:1,700円(税抜)
発売日:2017年10月4日(水)
トラックリスト:
Side A
1.Bottom of Tokyo

Side B
1.Bottom of Tokyo (Keita Sano Remix)

 

related

Wool & The PantsとDJサモハンキンポー、DJ不時着によるパーティー『Bottom of Tokyo』が幡ヶ谷forestlimitにて開催

1stアルバム『Wool In The Pool』が注目の3人組Wool & The Pantsと、思い出野郎AチームのパーカッショニストでありMAD LOVE Recordsを主宰するDJサモハンキンポー、DJ不時着によるレギュラー・パーティー『Bottom of Tokyo』が8/8(土...

Keita Sanoが自身のレーベルからジャジーなヒップホップ・ブレイクビーツに焦点を当てた最新ビートテープをリリース

ベルリンに拠点を置きながら人気レーベルからリリースを重ねているプロデューサーのKeita Sanoが、自身が主宰するMAD LOVE Recordsより最新のビートテープをデジタルとカセットでリリースした。

Keita Sanoの『Come Dancing』のリリースを記念したMAD LOVE RECORDS × BEAMS RECORDSのダブルネームTシャツが登場

Spring TheoryやMister Saturday Nightなど、ハウス・テクノの名門レーベルからリリースを重ねるKeita Sano。繊細な音作りと骨太なサウンドで支持を集める彼が、自身の主催レーベルMAD LOVE Recordsから4曲入りのEP『Come Dancing』をリリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。