Spotifyがシャーロッツビルのレイシストデモを受け「ヘイトバンド」の音源を削除

先週末にバージニア州のシャーロッツビルであった白人至上主義者やネオナチが集ったデモは、アメリカ社会に大きな衝撃を与えている。トランプ大統領は、デモ側もだが、カウンター側にも問題があったと発言をするなど、大きな批判を受けている。

先日トランプ大統領が発令した入国禁止令の街頭国のアーティストをサポートするプロジェクト『I'm with the banned』をスタートした、Spotifyがまた新たな動きをみせた。

Spotifyは白人至上主義者のデモを受けてBillboardで声明を発表。それによれば、今後Spotifyは性差別や人種差別を煽動する「ヘイトバンド」に対して、反対の立場を取ることを明言。

すでに南部貧困法律センターがレイシストバンドだと認定している、白人至上主義者のバンドの音源を削除済みで、今後こうしたアーティストのカタログはSpotifyに入れないとしている。

Spotifyは声明で、「ヘイトを助長する、または人種、宗教、性別などに対する暴力を扇動する違法なコンテンツを私たちは容認しない、今後もそうしたバンドの音源があると通報があれば、すぐに削除する」と宣言した。

さらにSpotifyは『Patriotic Passion』と題したプレイリストも展開。社会的な不正義や実際のアメリカの価値観を支えるものを学べる」プレイリストだとしている。

フラットな音楽プラットフォームがこうした発表をするのは異例のことだ。

related

Spotifyが日本のヒップホップにフォーカスした新たなプレイリスト『+81 Connect』を公開 | Awich、BIM、Daichi Yamamoto、KM、Leon Fanourakis、LEXなどをアンバサダーに起用

Spotifyが5年間にわたり日本のヒップホップシーンの今を切り取ってきたプレイリスト『New Era: J-Hip-Hop』をリブランディングした新しいプレイリスト『+81 Connect』を公開した。

FNMNL編集部がチョイスする6月のベスト30曲

毎週更新されるFNMNLのSpootifyオフィシャルプレイリストの中から、月間のベストトラックを選出したプレイリストの6月編が本日公開。

Spotify × FNMNLオフィシャルプレイリスト Vol.207|STUTS、Tyler, The Creator、H.E.R.など全80曲を更新

世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyで展開中のFNMNLによるオフィシャルプレイリスト。全80曲中、毎週リリースされる新譜から編集部がラップなどを中心にピックアップした35曲を追加し、毎週木曜に更新。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。