山下達郎の『COME ALONG』シリーズがカセットテープBOXでリリース | オリジナルカセットプレイヤー付きのセットも

山下達郎が33年ぶりにリリースする『COME ALONG』シリーズ第3弾。それを記念して、3作をセットにしたカセットテープBOX、カセットプレイヤー、『COME ALONG 3』ジャケ写プリントTシャツを、レコチョクが運営するプラットフォームWIZY限定で予約が開始となった。

『COME ALONG』は、1979年夏、もともとはレコードショップでの店頭演奏用に作られた販売促進目的のアナログレコードで、楽曲の曲間に小林克也のDJが入る構成となっており、当初はプロモーション目的のみの制作でしたが、反響が大きく、正式発売の要望が多数寄せられたため、カセットテープだけが1980年3月に発売。

その後、LP化・CD化され、1984年には続編となる『COME ALONG 2』も発売。長らく続編のリリースが望まれていた。

2017年8月2日(水)に33年ぶりとなる『COME ALONG 3』のリリースが決定した。『COME ALONG』発売当時と同様、カセットテープによるスペシャルBOXの期間限定発売のプロジェクトも同時にスタートした。

山下達郎オリジナルカセットプレイヤー(1,000台限定)、と『COME ALONG 3』のCDジャケットをプリントしたオリジナルTシャツがセットになったプランも。

Info

山下達郎

■プロジェクト期間:2017年7月28日(金)正午〜2017年9月3日(日)23:59
■プロジェクトURL:(https://wizy.jp/project/34/
■プロジェクトアイテムについて
主なアイテム名 販売価格
(税込・送料込)
『COME ALONG』1〜3カセットテープBOXプラン
・COME ALONG1〜3カセットテープBOX(ダウンロードコード付) 8,900円
【1,000個限定】『COME ALONG』 1〜3カセットテープBOX+プレイヤープラン
・オリジナルカセットプレイヤー
・COME ALONG1〜3カセットテープBOX(ダウンロードコード付) 17,000円

『COME ALONG』 1〜3カセットテープBOX+オリジナルプリントTシャツプラン
・『COME ALONG 3』プリントTシャツ
・COME ALONG1〜3カセットテープBOX(ダウンロードコード付) 1,1600円

※サポートには、クラブレコチョク会員登録/ログインが必要です。
7月28日(金)正午より、アイテム購入可能です。各アイテムはすべての手続きを完了された方から先着順での受付となります。
※カセットテープは2017年最新リマスタリングにて再発売。『COME ALONG』は新たなジャケット写真となります。また、新ジャケット、カセットテープ、カセットプレイヤーのデザインは順次サイトで公開します。
※配送時期は10月末を予定しています。
※WIZY以外での販売はございません。
※「プレイパス」の詳細はこちらのサイトをご覧ください。  https://playpass.jp/
※その他詳細は、WIZYプロジェクトサイトをご覧ください。(https://wizy.jp/project/3

related

山下達郎が初の展覧会『山下達郎 Special Acoustic Live展』を全国のPARCOで開催

山下達郎が『山下達郎 Special Acoustic Live 2020』の公演を記念して、初の展覧会を仙台PARCOを皮切りに全国のPARCOで開催する。

山下達郎がキャリア初のライブ配信に出演決定 | 2017年、2018年のライブを配信用に最適なミックスを施した映像に自信

⼭下達郎が長いキャリアの中で初となるライブ配信を、7/30(木)に動画配信サービス『MUSIC/SLASH(ミュージックスラッシュ)』のこけら落とし公演として行う。

老人の独白をフィールドレコーディングで収集しカセットにアーカイブするOLD MAN ARCHIVESが新作をリリース

日常のふとした場面で遭遇する老人たちの生きた語りをフィールドレコーディングで採集し、カセットにアーカイブするプロジェクト『OLD MAN ARCHIVES』の最新作がリリースされた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。