tofubeatsが楽曲のアレンジを担当した神戸市のPRムービー『kobebeats』

兵庫・神戸の魅力を発信するPRムービー『kobebeats』がYoutubeにて公開されている。

神戸市は、2020年に向けて「若者に選ばれるまち+誰もが活躍するまち」の実現を目指し、 まちの総合力を高める施策に取り組んでいる。その中で神戸開港「150年」にちなみ、神戸の若者 総勢“150人”が登場するムービー『kobebeats』を制作した。

㈪神戸のまちを舞台に神戸の若者150人が登場

テーマ曲は、神戸在住の若者が歌詞を担当、 神戸市出身・在住のtofubeatsが曲のアレンジを担当している。

㈬tofubeats

「私自身神戸生まれ、神戸育ち、神戸在住ということで、神戸に住んでいる1人の若者として、 若い人々に元気を持ってもらえるように編曲しました。神戸の未来を思い浮かべながら、ぜひ聞いてみてください」(tofubeats)

またムービー撮影時のオフショットや神戸の風景などを随時掲載するInstagramアカウントも立ち上がっている。

特設サイトはこちら

related

tofubeatsの最新アルバム『REFLECTION』がアナログレコード化 | 11月のレコードの日にリリース

tofubeatsの5thフルアルバム『REFLECTION』が、レコードの日である11/3(木)にアナログレコードでリリースされる。

【フォトレポート】『YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022』

6/4(土)、6/5(日)に横浜赤レンガ倉庫を舞台に開催された『YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022』。日本最大級のアーバンスポーツの祭典と銘打たれ、日本人選手の活躍で一躍人気となったスケートボードやBMX、今新たに注目されているブレイキンやパルクールなど、全6種目の世界的プレーヤーたちが一堂に会したこのイベント。

tofubeats Interviewed by in the blue shirt | 『REFLECTION』をめぐる雑談

tofubeatsが今月リリースした4枚目のアルバム『REFLECTION』は、これまでハイペースでアルバムをリリースしてきたtofubeatsだが、前作『RUN』から4年のスパンをかけて制作された。同時発売された初の書籍『トーフビーツの難聴日記』で明かされたように、今作は突発性難聴を発症したことをきっかけに鏡というテーマが導き出され、制作が進んでいった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。