tofubeatsが楽曲のアレンジを担当した神戸市のPRムービー『kobebeats』

兵庫・神戸の魅力を発信するPRムービー『kobebeats』がYoutubeにて公開されている。

神戸市は、2020年に向けて「若者に選ばれるまち+誰もが活躍するまち」の実現を目指し、 まちの総合力を高める施策に取り組んでいる。その中で神戸開港「150年」にちなみ、神戸の若者 総勢“150人”が登場するムービー『kobebeats』を制作した。

㈪神戸のまちを舞台に神戸の若者150人が登場

テーマ曲は、神戸在住の若者が歌詞を担当、 神戸市出身・在住のtofubeatsが曲のアレンジを担当している。

㈬tofubeats

「私自身神戸生まれ、神戸育ち、神戸在住ということで、神戸に住んでいる1人の若者として、 若い人々に元気を持ってもらえるように編曲しました。神戸の未来を思い浮かべながら、ぜひ聞いてみてください」(tofubeats)

またムービー撮影時のオフショットや神戸の風景などを随時掲載するInstagramアカウントも立ち上がっている。

特設サイトはこちら

related

tofubeatsが新曲“CITY2CITY”をリリース|杉山峻輔によるMVも公開

6月にシングル“SMILE”を発表したばかりのtofubeatsが、新曲“CITY2CITY”を本日8月27日にリリース。同時に、ミュージックビデオがYouTubeで公開となった。

butajiがニューアルバム『RIGHT TIME』を10月にリリース | STUTS、tofubeats、石橋英子などが参加

『大豆田とわ子と三人の元夫』の主題歌"Presence"をSTUTSと共作したことも話題になったbutajiが、待望のニューアルバム『RIGHT TIME』を10/6(水)にリリースする。

tofubeatsが新曲“CITY2CITY”を急遽リリース決定

6月にデジタルシングル“SMILE”を発表したばかりのtofubeatsが、急遽、来週8月27日に新曲“CITY2CITY2をリリースすることが決定した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。